愛・地球博の公式キャラ、モリゾーとキッコロが朽ち果てた姿が衝撃的

このエントリーをはてなブックマークに追加



2005年に愛知県で開催された「愛・地球博」の公式キャラクターとして登場したモリゾーとキッコロの「今」が激写されました。



これがその写真。モリゾーとキッコロの形をしていた植え込みは、なんだかよく分からないものになってしまいました。

Twitter / himawariP: ひさしぶりに万博行ったら2匹とも朽ち果ててたよ… http: ...


ちなみに愛・地球博の公式ページに掲載されている、各キャラクターの設定はこんな感じ。なお、デザインはベネッセの「たまごクラブ」「ひよこクラブ」や大阪市営地下鉄のマスコットキャラクターなどもおなじみのアランジアロンゾによるものです。

・モリゾー
森のことならなんでも知っていて、不思議な力を持っている心やさしい森の精「モリゾー」。そよ風をおこしたり、疲れている人の心に木漏れ日を届けたり。これからどんな力を発揮してくれるのかお楽しみに。

・キッコロ
なんでも見てみたい! やってみたい!元気で素直で明るくて、好奇心と行動力がいっぱいの森の精「キッコロ」。いろんな人、いろんな動物や植物と仲良しになることが大好きです。ぜひお友だちになってね。

・関連記事
学校や病院、警察署までもが廃虚、デトロイトの惨憺たる状況が一目でわかる写真 | BUZZAP!(バザップ!)

あまりに物騒すぎる不法投棄、ミサイルや軍用トラックが森の中に捨てられる | BUZZAP!(バザップ!)

まさに未完の兵器、予算不足で製造が中断したままのロシアの潜水艦 | BUZZAP!(バザップ!)

「ライチ DE 光クラブ」が10月放送開始へ、「ライチ☆光クラブ」がまさかのアニメ化 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加