超高音質モデル「NW-ZX1」を含むウォークマン新機種登場、香水瓶復活やWシリーズ新展開も

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソニーがウォークマンのラインナップを刷新し、14機種を投入することを発表しました。

フルスペックモデル「ZX1」が登場したほか、香水瓶として親しまれたデザインも復活しています。

◆NW-ZX1、F880シリーズ
ハイレゾ音源のWAV(192kHz/24bit)、FLAC(192kHz/24bit)、Apple Lossless(192KHz/24bit)、AIFF(192KHz/24bit)の再生に対応した高音質モデルは「NW-ZX1」「F880シリーズ」の2モデル展開で、いずれもAndroid 4.1(Google Play対応)採用ウォークマンに。

圧縮音源をCD以上の音質(最大192KHz/24bit)にアップコンバートする「DSEE HX」やソニーおすすめの高音質を手軽に楽しめる「ClearAudio+」を搭載するなど、ソニーならではの高音質化技術を詰め込んでいるのが特徴です。

さらに進化したフルデジタルアンプ「S-Master HX」はハイレゾ音域でのノイズ除去、ヘッドホンアンプ出力のカップリングコンデンサ削除、ヘッドホンドライバ部の電源を正負および左右チャンネルを独立した4つの電源にすることで、より繊細で力強い音での再生が可能。

OMAP 4 Coretex-A9(デュアルコア、1.0GHz)、1GBメモリ、オプティコントラストパネル採用の4.0インチFWVGA(854×480)トリルミナスディスプレイ、GPS、加速度センサーなどを搭載したほか、NFCを用いたスピーカーやヘッドホンとの連携や、ハードウェアボタンによる直感的な操作にも対応しています。

・NW-ZX1
電源部分の大幅強化に加え、フルデジタルアンプ「S-Master HX」の音声出力段のフィルターとしてフィルムコンデンサや通常モバイル機器では用いられない大型高音質コンデンサOS-CON、低抵抗のOFC(無酸素銅)ケーブル、ヘッドホンジャック部品に大型のものを採用するなどしたフルスペックモデル。


アルミ合金削り出しボディで高い質感を実現しており、内蔵メモリはウォークマン史上最大となる128GB。バッテリー駆動時間は音楽再生32時間(ビデオ再生は5時間)、カラーはシルバーのみで、市場推定価格は7万5000円前後。12月7日発売予定。


・F880シリーズ
「NW-ZX1」には無いデジタルノイズキャンセリング機能、FMラジオを備え、カラーはブラック、ホワイト、ブルー、ビビッドピンクの4色展開に。


バッテリー駆動時間は音楽再生35時間(ビデオ再生は5時間)で64GB、32GB、16GBモデルがリリースされ、発売日は10月19日。


◆Sシリーズ
従来機種比2倍超となる最大約77時間の長時間再生を実現し、スマートフォンへの充電が可能な「おすそわけ充電」機能も搭載したモデル。デジタルノイズキャンセリング機能や高音質コーデック「FLAC」「Apple Lossless(ALAC)」などに対応し、ソニー独自の高音質技術「ClearAudio+」、Bluetooth、FMラジオを搭載。

2.0インチQVGA(320×240)液晶を備え、カラーはビビッドピンク、ブルー、ホワイト、ライトピンク、グリーン、ブラックの6色(32GBモデルのみブルー、ホワイト、ブラックの3色)展開に。


バッテリー駆動時間は音楽再生77時間(ビデオ再生は14時間)で32GB、16GB、8GBモデルおよびスピーカー付属の16GBモデル、8GBモデルがリリースされ、発売日は10月19日。


◆Eシリーズ
デジタルノイズキャンセリング機能や高音質コーデック「FLAC」「Apple Lossless(ALAC)」などに対応し、ソニー独自の高音質技術「ClearAudio+」、FMラジオを搭載。パソコンを使わずにCD/MDプレーヤーやラジオなどから音楽を直接ウォークマンに録音可能。


2.0インチQVGA(320×240)液晶を備え、カラーはレッド、ブラック、ブルーの3色展開に。バッテリー駆動時間は音楽再生36時間で4GBモデルおよびスピーカー付属モデルがリリースされ、発売日は10月19日。


◆Mシリーズ
スマートフォンとBluetooth接続が可能な「ワイヤレスステレオヘッドセット機能」を搭載した新シリーズ。NFCでスマートフォンと簡単にペアリングでき、音楽再生中でも内蔵マイクでスマートフォンの着信を受けられるだけでなく、騒がしい場所でもデジタルノイズキャンセリングで快適に通話可能。


かつての香水瓶と呼ばれたシリーズを思い出させるデザインが特徴的で、音声信号をフルデジタル処理するアンプ「S-Master MX」やスピーカーの開発を通して培った高音質技術「クリアフェーズ」「クリアベース」「大口径13.5mm EXヘッドホンなどにより、高音質を実現も。


128×36ドットのモノクロ有機ELディスプレイを備え、カラーはシルバー、バイオレット、ブラック、ピンクの4色。バッテリー駆動時間は音楽再生約15時間で16GBのみの展開となり、発売日は12月7日。


◆Wシリーズ
・NW-W274S
スポーツ時に人気のWシリーズは内蔵メモリーが8GBに。


水泳時に浸水しないイヤーピースを新たに付属し、カラーはブルー、ブラック、ホワイトの3色で、バッテリー駆動時間は音楽再生8時間。発売日は10月19日。


・NW-WH303
ヘッドホン・スピーカー一体型の新モデル。カラーはブラック、ホワイトの2色で、バッテリー駆動時間は音楽再生20時間。内蔵メモリは4GBで、発売日は10月19日。


本体に内蔵された音楽をヘッドホンで聴くリスニングスタイルに加え、内蔵スピーカーを通じ首掛けスタイルで楽しむことも可能。


電源オフ時にはスマートフォンや携帯型ゲーム機などにケーブル接続して、ヘッドホンとして使用することもできます。


各機種の詳細情報が掲載されたウォークマン公式ページは以下。

ポータブルオーディオプレーヤー WALKMAN ウォークマン | ソニー

・関連記事
日本初公開の「Xperia Z1」速攻レビュー、iPhoneやLumiaに対する優位点や音質強化の方針も | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーのレンズスタイルカメラ「QX10」「QX100」をXperia Z1と組み合わせて使ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

PS4はまさかの2014年2月22日発売で3万9800円、新型PS Vita「PCH-2000」や「PS Vita TV」も | BUZZAP!(バザップ!)

新型Androidウォークマン「NWZ-F886」発表、物理キー復活やS-Masterのグレードアップも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加