70日間「寝て」いるだけで170万円もらえるNASAの求人募集

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Dean Shareski

寝ているだけでお金が貰えたら最高ですよね。なんとNASAがそんな夢のような求人募集をしています。さて、一体どんなことをするのでしょうか。

NASAが募集している募集の内容はなんと「70日の間、ベッドの上で寝ている」だけです。その報酬は日本円にしておよそ170万円程度。日給で24000円を超える計算になります。これだけ聞くとずいぶん美味しい話です。

寝ている間には読書とテレビ鑑賞、学習コースを受講すること、さらにはそれまでの仕事を持ち込むことさえ許可されている上に、期間中に何らかのトラブルがあれば保証もされます。ただし、ベッドの上からは一時たりとも、一歩たりとも降りられません。

この求人、実は長期間の宇宙飛行に伴う無重力状態が人体に与える影響を調べるための実験。被験者のベッドは頭が足より下がるように6度傾けられており、宇宙空間で宇宙飛行士にかかる循環系のストレスに近い環境を作り出しています。つまり、ずっと頭に血が登り続けている状態です。

また、それだけの期間ベッドの上にいると筋肉は衰え、骨密度も減少し、普通に歩くことすらままならなくなります。これは宇宙飛行士が宇宙に滞在する際に実際に起こっている問題でもあります。

そのため、70日間の実験の後で被験者は横になったままでスクワットをしたり歩行をする一連の運動を行います。これは宇宙飛行士が他の星に着陸船を降下させ、装備品を運ぶことを想定した訓練だとのこと。地上での日常生活に戻るためにも必須な作業と言えそう。

なお、応募者に求められることは「心身ともに非常に健康であること」。応募した後には厳しい身体的なテストと心理的な試験をパスし、宇宙飛行士と同様の肉体と精神を持っていることを示さなければなりません。安易に何もせずに楽な仕事、とはとても言えなそうです。

それでも応募してみたい方は以下にエントリー・フォームがあります。ただし、アメリカ人であるか、アメリカ合衆国の永住権を持っている必要があるので要注意です。

Human Test Subject Facility

24時間拘束が70日間休みなく続くと考えるとお得感も薄れそうです。果たして応募者はどれほどいるのでしょうか?

Best job ever Nasa offers £11,000 to stay in bed - Telegraph

(Photo by Dean Shareski

ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験 (光文社新書)
大鐘 良一 小原 健右
光文社
売り上げランキング: 22,474


オンリーワン―ずっと宇宙に行きたかった (新潮文庫)
野口 聡一
新潮社
売り上げランキング: 73,111



・関連記事
パキスタンでのM7.8の地震の影響で新しい島が出現 BUZZAP!(バザップ!)

ビル・ゲイツも全力支援、完全植物性の人工タマゴがアメリカのスーパーで販売開始 BUZZAP!(バザップ!)

LSDは実は精神の健康にとって有益かもしれません BUZZAP!(バザップ!)

月の表から裏までをくまなく眺めることができる超美麗動画 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加