Nexus 7でおなじみのASUS新型タブレット「Fonepad 7」速攻レビュー、プラチナバンド対応のSIMフリーモデルに

このエントリーをはてなブックマークに追加



「Nexus 7」や「MeMOPad」など、7インチタブレットで一躍人気を博す存在となったASUSが新型タブレット「Fonepad 7」を発表したのでレビューをお届けします。

前モデル「Fonepad」と比較して処理能力が大きく向上したほか、新たにプラチナバンドにも対応しています。


これが「Fonepad 7」。1280×800の7インチIPS液晶やフロントステレオスピーカー、120万画素フロントカメラを搭載したモデルです。


プロセッサに前モデルと比較して2倍のCPU性能、3倍のGPU性能を実現したIntel製の「Atom Z2560(デュアルコア、1.6GHz)」、1GB ROM、16GB RAMを採用。IEEE802.11 a/b/g/n対応無線LAN、GPS、Bluetooth 3.0、電子コンパス、光センサー、加速度センサー、近接センサー、磁気センサーを搭載。OSのバージョンはAndroid 4.2.1です。


背面。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色ですが、ブラックは展示されていませんでした。


フルHDムービー撮影にも対応した500万画素背面カメラを採用。本体右側に電源ボタン、音量ボタン、最大64GBまでのmicroSDXCカードスロットを備えています。


本体左側にはSIMカードスロット。800MHz帯(バンド6)および900MHz帯(バンド8)の3Gに対応することで、広いカバーエリアを実現。


底面にはmicroUSB端子


フィーチャーフォンとタブレット、モバイルルーターを持ち歩いているユーザーであれば1台にまとめることができるモデルです。


前モデル「Fonepad(右)」と並べてみたところ。ほぼ同じ大きさですが、「Fonepad 7」は0.1mmほど薄型に。



「AnTuTuベンチマーク v4.0.2」でベンチマークを測定したところ。スコアは16934で「HTC One」や「Xperia Z」よりも低い数字に。




ざっと触ってみたところ。「可も無く不可も無い」といったレスポンスではないでしょうか。

ASUS新型タブレット「Fonepad 7」をざっと触ってみた - YouTube


「Fonepad 7」の発売は2013年10月中旬以降。予想実売価格は3万4800円です。

ASUS

・関連記事
新型タブレット「ASUS Pad TF701T」「Fonepad 7」や小型パソコン「VivoPC」をASUSが発表 | BUZZAP!(バザップ!)

NVIDIAが「Tegra Note」発表、世界最強の7インチタブレットを1万円台で実現可能に | BUZZAP!(バザップ!)

新型iPad miniや第5世代iPadは10月15日ごろ発表か、ドコモ版はiPhoneとセット割引も | BUZZAP!(バザップ!)

Intelの次世代CPU「Broadwell」はノートやモバイルのみに、デスクトップ版は無し | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加