Intelの次世代CPU「Broadwell」はノートやモバイルのみに、デスクトップ版は無し

このエントリーをはてなブックマークに追加



Intelが2014年のリリースを予定している新型CPU「Broadwell」がノートパソコンやモバイル端末のみへの提供となることが明らかになりました。

Broadwell won’t make it to desktop

IT系情報サイト「fugzilla」が報じたところによると、Intelは2014年投入を予定している14nmプロセスを用いた次世代プロセッサ「Broadwell」について、ノートパソコンやタブレットといったモバイル端末向けの提供にとどめる方針であるそうです。

これは市場が成長し尽くしたことを受け、Intelがデスクトップ向けプロセッサの性能向上サイクルを2年周期に置き換えることによるもので、2015年投入予定の次々世代プロセッサ「Skylake」が登場するまでは、現行の「Haswell」を最適化したモデルが提供されるとのこと。

今回の施策によって、デスクトップ向けプロセッサの成長サイクルは鈍化することとなりますが、GPUは今まで通りの進化を遂げていることから、パフォーマンスを追い求めるユーザーにとっては、GPUが今まで以上に大きな意味を持つことになりそうです。

・関連記事
タブレットで出遅れたIntelを救う「Bay Trail-T」は高性能で低消費電力、ただし価格に難あり | BUZZAP!(バザップ!)

NVIDIAが「Tegra Note」発表、世界最強の7インチタブレットを1万円台で実現可能に | BUZZAP!(バザップ!)

「Android 5.0」は512MBメモリでも動作可能に、新型タブレット「Galaxy Nexus 11」も | BUZZAP!(バザップ!)

MediaTekが「真の8コア」CPU開発中、SnapdragonやTegraに並ぶ可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加