2560×1600の超高解像度IGZO液晶とTegra 4搭載の「ASUS Pad TF701T」速攻レビュー、キーボードも装着可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加



キーボードと合体できるタブレット「Eee Pad Transformer」が名前を改め、最新モデル「ASUS Pad TF701T」として発表されたのでレビューをお届けします。

NVIDIAのTegra 4プロセッサや2560×1600の超高解像度IGZO液晶を備えたフルスペックモデルで、キーボードにより快適なタイピングを実現しています。


これが「ASUS Pad TF701T」。


低消費電力を実現するシャープの10.1インチIGZO液晶を採用。2560×1600の超高解像度を実現しています。


NVIDIAの最新プロセッサ「Tegra 4」や2GB ROM、32GB RAM、120万画素カメラを搭載したフルスペックモデルで、バッテリー駆動時間は約13時間。IEEE802.11 a/b/g/n対応無線LAN、GPS、Bluetooth 3.0、電子コンパス、光センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、microSDXC(最大64GB)、microHDMI端子を搭載。OSのバージョンはAndroid 4.2.2です。


専用のモバイルキーボードドッグ。バッテリーを内蔵しており、装着すると駆動時間が約17時間に。


接続端子はこんな感じ。USB3.0端子やmicroSDHCカードスロットも備えており、本体のインターフェースを拡充する形に。


裏面


合体したところ。打ちやすいアイソレーションタイプのキーを採用することで、打ちやすいのも特徴です。



閉じたところ。「ASUS Pad TF701T」の裏面には100枚連写機能やフルHDムービー撮影機能を備えた500万画素カメラがあります。


「AnTuTuベンチマーク v4.0.2」でベンチマークを測定したところ、スコアは32231を叩き出しました。「Galaxy S4」や「HTC One」が25000程度であることを考えると、かなり処理能力が高いのではないでしょうか。


レスポンスも上々。特に引っかかることもありません。

超高解像度IGZO液晶とTegra 4搭載の「ASUS Pad TF701T」をざっと触ってみた - YouTube


「ASUS Pad TF701T」の発売は2013年10月中旬以降。予想実売価格は6万9800円です。

ASUS

・関連記事
新型タブレット「ASUS Pad TF701T」「Fonepad 7」や小型パソコン「VivoPC」をASUSが発表 | BUZZAP!(バザップ!)

NVIDIAが「Tegra Note」発表、世界最強の7インチタブレットを1万円台で実現可能に | BUZZAP!(バザップ!)

新型iPad miniや第5世代iPadは10月15日ごろ発表か、ドコモ版はiPhoneとセット割引も | BUZZAP!(バザップ!)

Intelの次世代CPU「Broadwell」はノートやモバイルのみに、デスクトップ版は無し | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加