SamsungだけでなくHTCやLG、ASUSも「ベンチマーク詐欺」を実施していたことが判明

このエントリーをはてなブックマークに追加



自社のスマートフォンが他社よりも高性能であると誤認させるため、特定のベンチマークソフトを起動したときに普段よりも高いパフォーマンスが出るように最適化する「ベンチマーク詐欺」をSamsungが行っていたことを以前お伝えしましたが、なんと大手メーカー各社がこぞって行っていた事が明らかになりました。もう何を信じていいのか分かりません。詳細は以下から。

AnandTech | They're (Almost) All Dirty: The State of Cheating in Android Benchmarks

Samsungの不正を暴いた海外のAndroid情報サイト「AnandTech」が各ベンチマークソフトを用いて行った調査によると、今回新たに「クロ」という判定が出たのはSamsungに加えてASUSとHTC、LGの3社。

ラインナップは「Padfone Infinity」「HTC One」「HTC One mini」「LG G2」「Galaxy S4」「Galaxy Note 3」「Galaxy Tab 3 10.1」「Galaxy Note 10.1(2014年版)」で、国内でも販売されているモデルも含まれています。

各モデルがどのベンチマークソフトで細工をしていたのかがよく分かるグラフ。「Y」がクロということです。基本的に「AuTuTu」と「Vellamo」はほぼ全メーカーが対策済み。中でも「Galaxy」シリーズは対応ソフトが多く、実際の1.9倍近くのパフォーマンスを叩き出すモデルも。


まさにスペック比較の根底を揺るがすことになった今回の出来事。メーカー各社にも言い分はあると思われますが、ベンチマーク結果を信じて購入してしまったユーザーがあまりにも浮かばれないのではないでしょうか。

・関連記事
Samsungがベンチマークを不正操作、Galaxy S4が有利になる結果に | BUZZAP!(バザップ!)

これがソフトバンクの数字のカラクリ、本当にドコモやauよりもLTEで優位なのか | BUZZAP!(バザップ!)

UQへの2.5GHz帯追加割り当ては本当に不公平なのか、携帯各社の電波保有状況まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

「ソフトバンクの4G LTEがエリア、速度共に最強」というMM総研の比較調査がおかしい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加