19世紀に驚くほど精密で躍動感と透明感に満ちた波を描き上げたロシア人海洋画家

このエントリーをはてなブックマークに追加



CGを始めとした作画技術の発展で、飛躍的に表現の幅が豊かになった現代。ですが19世紀に息を呑むほど美しい、透明感と躍動感に満ちた波を描き上げる画家が存在していました。

19世紀末のウクライナ生まれのロシア人画家イヴァン・コンスタンチノヴィチ・アイヴァゾフスキーさんは卓越した技術で海の風景を描き続け、生涯に残した6000点の作品の半数以上に水の透明感と波の躍動感、そこに差し込む光の微妙な色合いからなる海が描かれています。

このことからアイヴァゾフスキーさんは海洋画家と呼ばれており、海洋画の評判によって長くロシア海軍から作品を委嘱され、さらにはオスマン帝国の宮廷画家を努めたこともあります。











彼の描く見ているだけで引きこまれそうな海の色は、どれだけ技術が発達しても色褪せることはなさそうです。

Light, Water and Sky: The Paintings of Ivan Aivazovsky
Gianni Caffiero Ivan Samarine
Laurence King Publishers
売り上げランキング: 338

・関連記事
自動車の塗料の積層から削りだされる抽象絵画のような人工宝石「フォーダイト」が美しい BUZZAP!(バザップ!)

建物と融合し、単なる壁を華やいでアクティブな街の風景に変えるストリートアート BUZZAP!(バザップ!)

天才と呼ぶしかない、11歳のDusan少年が描く息を呑むほど緻密で生命力に溢れる動物の絵画 BUZZAP!(バザップ!)

これぞ江戸しぐさ、おならでバトルする江戸時代の「屁合戦絵巻」がマジキチ過ぎると海外で繰り返し話題に BUZZAP!(バザップ!)

若作りなんてしない、最高にクールでファッショナブルなおばあちゃんたちのフォトスナップ集 BUZZAP!(バザップ!)

世界的名画の裸婦たちを現代の美的基準で「フォトショでお化粧」するとどうなるか BUZZAP!(バザップ!)

サルバドール・ダリが描いたあまりにもシュールな「不思議の国のアリス」 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加