ドラクエスマホ「SH-01F DRAGON QUEST」速攻レビュー、作り込みと高性能を両立

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日「CEATEC JAPAN 2013」のNTTドコモブースで展示されていた「ドラクエスマートフォン」が、NTTドコモの2013年冬~2014年春モデル発表会でお披露目されたため、レビューをお届けします。

よく作り込んだコラボスマートフォンであるだけでなく、普段使いとして十分活躍できる高性能を兼ね備えています。

これが「SH-01F DRAGON QUEST」本体。5インチフルHD(1920×1080)アドバンスドIGZO液晶やSnapdragon 800(MSM8974、2.2GHzクアッドコア)を備えたフルスペックモデル「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」がベースです。


背面やサイドはメタルスライム仕様に。






同梱される「冒険の導き書」「ロトの紋章」


残念ながらディスプレイに用いられていた宝箱などは付属しないそうです。


iコンシェルのデザインや各ボタンまで作り込まれています。




プリインストールされた「ドラゴンクエスト いつでも冒険ダイス」をプレイすると壁紙などのコンテンツがもらえる仕組みも。なお、ダイスはスマートフォンを使えば使うほど振ることができます。




電話がかかってくるとドラクエ風のインターフェースに。着信音もシリーズおなじみの各曲を利用できます。

ドラクエスマフォ「SH-01F DRAGON QUEST」の着信画面 - YouTube


メニュー画面はこんな感じ。まだ開発途中です。

メニュー画面もドラクエ仕様なSH-01F DRAGON QUEST - YouTube


さらにスマートフォン向け移植が決定したドラクエ8がプリインストールされています。

「SH-01F DRAGON QUEST」にはドラクエ8がプリインストール - YouTube


がっつりプレイしてみたところ。

SH-01F DRAGON QUESTでドラクエ8をプレイしてみた - YouTube


・SH-01F DRAGON QUEST
ディスプレイ:5インチフルHD(1920×1080)アドバンストIGZO液晶
カメラ:約1630万画素
プロセッサ:Snapdragon 800(MSM8974、2.2GHzクアッドコア)
ROM:2GB
RAM:32GB
バッテリー:2300mAh
防水・防塵:IPX5/IPX7
その他:microSDXCカードスロット、NFC、Bluetooth 4.0
プラットフォーム:Android 4.2

NTTドコモ公式ページは以下。

2013冬~2014年春モデルの主な特長 | 製品 | NTTドコモ

・関連記事
NTTドコモの2013年冬~2014年春モデルまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

ドラクエ10をドコモの格安タブレット「dtab」でプレイしてみた | BUZZAP!(バザップ!)

通信速度は100倍以上に、第5世代携帯電話(5G)を支える技術をNTTドコモが公開 | BUZZAP!(バザップ!)

抱き合わせに潜む罠、スマートフォンを購入するときの注意点まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

やけに安いドコモ版iPhone 5s/5cのえげつない罠、本体価格が9万円半ばで中途解約は困難に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加