IntelがSDカードサイズの超小型パソコン「Edison」を開発

このエントリーをはてなブックマークに追加



SDカードサイズという非常に小さなコンピュータをIntelが開発しました。

Intel Edison: an SD-card sized PC for wearable computing | News | PC Pro

Intel announces Edison: a 22nm dual-core PC the size of an SD card

これらの記事によると、Intelは「Edison」と呼ばれるパソコンを開発したそうです。

Edisonは22nmプロセスで開発されたPentiumクラスのデュアルコアプロセッサやBluetooth、Wi-FiなどをSDカードサイズに詰め込んだモデルで、複数のOSに対応。以下のようなウェアラブルコンピューティングでの利用が想定されており、2014年半ばには実用化されるとしています。


オーディオを再生しながら心拍数や脈拍などの生体情報をスマートフォンに送信する「スマートイヤフォン」


赤ちゃんの衣服に取り付けて生体情報を送信できる亀型デバイス「スマートタートル」


同じく子どもの状態をチェックできるコーヒーカップ。


なお、Intelはウェアラブルデバイスの普及を促進するために、Edisonを用いたイノベーションデザインを募集中。賞金総額130万ドルで、優勝者には50万ドルが与えられるだけでなく、上位10作品はIntelによって実際に製品化されるとしています。

・関連記事
あらゆる機器が3G対応になる「3G SD(UltraStick)」速攻レビュー、LTE対応も視野に入れて開発中 | BUZZAP!(バザップ!)

高性能CPU戦争からAMDが脱落、Intelの一人勝ちで終焉へ | BUZZAP!(バザップ!)

次世代のIGZO液晶「MEMSディスプレイ」をシャープが開発中、「Mebius Pad」も発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加