NTTドコモが月間純増数トップに、およそ2年ぶりの快挙

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモが純増数トップに輝いたことが明らかになりました。

契約数月次データ : 携帯電話等契約数 | 企業情報 | NTTドコモ

移動通信サービス月次契約数データ | データ集 | KDDI株式会社

月次契約数データ | 企業・IR | ソフトバンク

大手3社が発表した2013年12月度の契約数データによると、各社の純増数は以下の通り。なんとNTTドコモが3G対応PS Vitaによるプリペイド契約で純増1位に輝いた2011年12月以来、実に2年ぶりのトップとなっています。

NTTドコモ:27万9100
KDDI:22万2600
ソフトバンクモバイル:22万4300


・13:25追記
2013年12月度のNTTドコモ契約数の内訳。プリペイド契約が7900、通信モジュールサービスは1万4700純増する一方で、iモードやspモード契約自体は1万3600の純減。いまだにフィーチャーフォンやスマートフォンといった純粋な「携帯電話」でのインターネット契約自体は減少しています。


地域別の内訳。純増数27万9100のうち、24万200契約が関東・甲信越地方と突出。日本通信やIIJ、OCNなどの事業者がドコモ回線を用いて提供している格安SIMカードの契約数は同地方で一括カウントされるため、今回の純増トップは大半がSIMカード発行によるものだと分かります。


単価の低いMVNOでの契約が増える一方で、なかなか純粋な「携帯電話」自体の契約増にこぎつけることができずにいるNTTドコモ。しかし純減が続いていた関東・甲信越地方以外での契約数が純増に転じていることを考えると、iPhoneによる底上げ効果は十分にあったのではないでしょうか。

・関連記事
最大5割が水増し、ソフトバンクの「純増No.1」のカラクリが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

年間120万人が携帯電話を解約、「純減」よりも深刻なNTTドコモの実情をまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

【2014年版】ドコモ・au・ソフトバンクの「学割」比較、あまりに味気ない内容に | BUZZAP!(バザップ!)

「ワンコインSIM」などのMVNOは契約者数にカウントされるのか、NTTドコモに問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

1回線契約で4回線無料の「もう4台無料」をウィルコムが継続中、既存契約者も対象に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加