販売不振でGoogleが「Nexus 7」打ち止めか、代わりに「Nexus 8」に注力へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



7インチタブレットの潮流を作り上げたGoogleの「Nexus 7」シリーズが打ち止めとなる可能性が浮上しました。詳細は以下から。

Google turns focus to 8-inch tablet market

ASUSのお膝元である台湾のメディア「DIGITIMES」が上位部品メーカーの話として報じたところによると、現在メーカー各社の7インチタブレットが値下がり傾向にあり、多くのモデルが166ドル(約1万7400円)を下回っているのが現状だそうです。

そのため229ドルで提供されている第2世代「Nexus 7」が伸び悩んでおり、販売台数は初代(600万台)と比較しても弱いため、Googleはシフトを余儀なくされているとのこと。

すでに同社は8インチ液晶を採用した「Nexus 8」に着手しており、プラットフォームはIntelの「Bay Trail-T」またはクアルコム製になる予定。研究開発パートナーはNexus 7同様ASUSになる公算が高く、詳細は2月以降に明かされるのではないかとされています。

・関連記事
【動画・写真追加】これぞ究極の狭額縁、あらゆるタブレットを超えた「AQUOS Pad SHT22」速攻レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

Googleが新型タブレット「Nexus 8」を準備中か | BUZZAP!(バザップ!)

iPadなどの「容量商法」でメーカーはどれだけボロ儲けできるのかが一目で分かる表 | BUZZAP!(バザップ!)

驚くほど販売不振、HTCやLG、Huaweiなどが高性能スマフォ競争から脱落の危機 | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia Z Ultra」にGoogle Playエディション登場、Nexus 7のホワイトも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加