Skypeのチャット機能に「既読」機能追加へ、モバイル版のバッテリー消費改善も



正式版がリリースされて今年で10年を迎えるIP通話ソフト「Skype」のチャット機能が改善されることが明らかになりました。

Skype’s Enhanced Chat Experience – - Skype Blogs

Skype公式ブログによると、今後数ヶ月以内に行われるアップデートによって、パソコンやスマートフォン、タブレットといった端末間での同期が最適化され、「外出先でスマートフォンで行っていた会話の続きを自宅のタブレットで」といったことが可能になるそうです。


また、実際にメッセージが配信されているかどうかがユーザーに分かることがどれだけ重要であるのかを理解した上で、LINEなどでおなじみの「既読」機能も追加するとのこと。

さらにこれらの機能を実現するために、モバイル向けSkypeで会話のロード時間改善やアプリの高速起動、会話の再開にかかる時間を短縮。急速にバッテリーが減る「バッテリードレイン」の恐怖無しに一日中チャットできるとしています。

最新のAndroid版Skypeのスクリーンショット


マイクロソフトによる買収を経て、長年提供されてきた定番チャットソフト「Windows Live Messenger」と統合されたものの、モバイル版のレスポンスの遅さやバッテリー消費の多さ、パッとしないチャット機能から「音声通話はSkypeだけど、テキストチャットはLINEなどの別アプリ」といった使い分けをする人も少なからずいると思われるSkype。

チャット機能にようやく本腰を入れてくれるのは非常にありがたいのですが、このようにAndroidアプリ版には「チャットするためにウインドウをタップしたつもりが通話ボタンがタップされてしまう」といったインターフェース上の問題もあるため、UIの改善なども含めた抜本的なブラッシュアップを望みたいところです。

・関連記事
ついにキーボード搭載スマートフォンが全滅、テンキー付きも「ゼロ」に | BUZZAP!(バザップ!)

Twitter廃人のための、Twitterをテーマにしたリゾートホテルがスペインに登場 | BUZZAP!(バザップ!)

ついにWindows Live Messengerがサインイン不能に、Skypeへの統合完了 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング