Huluの国内事業を日本テレビが買収、日本向けコンテンツ強化へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



月額980円で海外ドラマや映画などが見放題の「Hulu」の日本事業が日本テレビに買収されました。

日本テレビのプレスリリースによると、同社はHulu, LLCとHuluの日本市場向け事業を承継することに合意し、今春からSVOD(Subscription Video On Demand、定額制動画配信)事業に参入します。

Huluは2011年9月に日本市場向けサービスを開始し、日本の「Hulu」の会員数は2013年の1年間で倍増したとのこと。サービス開始以来、コンテンツ・パートナーは約50社にまで増え、現在は1万3000本以上の映画・ドラマ・アニメを配信。日本市場におけるHulu対応デバイス(パソコンを除く)は9000万台にのぼるとのこと。

なお、事業承継はHuluが会社分割により設立した新会社を子会社化することで行われ、新会社はHuluから「Hulu」のブランドやテクノロジーに関するライセンスを受けるほか、ハリウッドや日本の映画・ドラマ・アニメなど、既存の各ジャンルをさらに強化。

さらに日本テレビの話題作や人気番組の「Hulu」向け限定コンテンツの配信などにより、作品ラインアップを充実させ、事業拡大を目指すとしています。

日本テレビといえば各所で物議を醸しているドラマ「明日、ママがいない」の脚本家・野島伸司が企画した安達裕美主演の「家なき子」などの作品がDVD化されておらず、同社公式配信サイト「日テレオンデマンド」での配信にとどまっていますが、Huluユーザーも視聴できるようになるなどの施策は行われるのでしょうか。

Huluの日本市場向け事業を承継し定額制動画配信に参入 ~Huluの作品ラインアップも大幅強化~

日本テレビ系ドラマ 家なき子2 オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ Maria Falcone 安達祐実
ビクターエンタテインメント (1995-06-07)


・関連記事
auのテレビCM「速いが広い、800MHz」の声は故・永井一郎さんなのか、KDDIに確認してみた | BUZZAP!(バザップ!)

4Kテレビが一気に価格崩壊、VIZIO本格参入でフルスペックモデルがわずか10万円に | BUZZAP!(バザップ!)

映像化不可能と言われ続けた「寄生獣」がついに実写映画化へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加