iPhone 6は本体サイズそのままで4.7インチ液晶搭載か、フロントパーツとされる流出が写真

このエントリーをはてなブックマークに追加



iPhone 6が上記のコンセプトデザインのような「ほぼ画面」になるのではないか……というウワサが流れている昨今ですが、フロントパーツとされるものの写真が公開されました。

これが中国経由で公開された写真。iPhone 6は左右の額縁が無くなるという、非常に特殊な形状になるようです。


iPhone 4(4S)、iPhone 5(5s)と並べるとその違いがよく分かります。


なお、iPhone 6は4.7インチ液晶採用のモデルになると各所で報じられているため、本体の大型化が懸念されますが、先日発売されたauの「AQUOS Phone SERIE mini」などは額縁を小さくしたことで、iPhone 5とほぼ同じサイズで4.5インチの大画面を実現。


そして今回流出したフロントパーツとされる写真と合わせて考えると、iPhone 6は本体サイズをほぼ変えることなく、Androidで主流の画面サイズに近づくことになります。

アメリカの経済誌「フォーブス」が、Appleはスマホのトレンドに乗り遅れており、生き残りには「iPhone 6」の大画面化が不可欠と主張するなど、次期iPhoneは画面サイズが焦点となりつつありますが、とんでもない力技で解決する可能性が浮上したと考えられそうです。

・関連記事
iPhone 6と同時発売される大画面版は「iPhone」の名前を捨てることに | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone 6の本体画像流出」にファン歓喜→速攻でニセモノと判明 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6やファブレット版iPhone、7月に発売前倒しか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加