スマホ向けウイルスの97%がAndroidをターゲットに、ただし日本は比較的安全

このエントリーをはてなブックマークに追加



個人情報が凝縮されたスマートフォンはマルウェア(ウイルスやトロイなど)の絶好のターゲットですが、シェアトップのAndroidを狙ったウイルスが急拡大していることが明らかになりました。

Android Accounted for 97% of All Mobile Malware in 2013

セキュリティ企業「F-Secure」の発表によると、2012年にスマートフォンをターゲットにしたマルウェアのうち、79%をAndroid向けが占めていましたが、2013年には97%にまで拡大する非常事態となったそうです。

プラットフォームごとの脅威の割合をまとめたグラフ。2000~2013年平均ではAndroidが65%、Symbian OSが32%、Pocket PCが1%でWindows PhoneやPalm、iPhone、BlackBerryが1%未満……という数字でしたが、NOKIAがSymbian OSからシフトしたことにより、2013年単独ではAndroidが97%という事態に。


上記のグラフを見ると「Androidは危険すぎる、他のプラットフォームに今すぐ移行するしかない!」とすら思えてくるわけですが、以下のグラフを見ると、なかなか面白いことが分かります。

Android向けマルウェアが報告された国別割合をまとめたグラフ。サウジアラビアが42%、インドが33%、アメリカが5%(3ヵ国で計80%)と、報告された国が非常に偏っている上、残り20%の内訳を見ても、日本は1%に満たない数字であることが分かります。


つまり少なくとも日本ではそれほど数が多いわけではないことになるAndroid向けマルウェア。しかしながらGoogle Playや携帯電話会社のアプリ配信プラットフォーム以外からのアプリダウンロードに注意し、不安な人はアンチウイルスソフトを常駐させるといった日々の備えは必要だと思われます。

・関連記事
【追記あり】中国・百度製の「Baidu IME」「Simeji」、入力した全ての文字を無断で収集していることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

Androidの懐中電灯アプリ、ユーザーの同意関係なしに個人情報を送信していたことが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

日本人の1割以上が同じIDとパスワードを使い回し、不正アクセスの格好の標的に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加