Intelがモバイル重視の戦略見直し、次世代CPU「Broadwell」のデスクトップ版投入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



見送られることが決まっていた次世代CPU「Broadwell」のデスクトップ版が投入されることになりました。

Intel Sets Sights on Reinvention of Desktop Computing

現地時間の3月19日に発表されたプレスリリースにおいて、Intelは「Broadwell」のコードネームで開発している第5世代Coreプロセッサのデスクトップ版を投入することを表明しています。

同社はデスクトップパソコン市場の成熟を受け、ノートパソコンなどのモバイル向けのみに「Broadwell」を投入し、デスクトップには現行の「Haswell」に手を加えたモデルのみを提供する予定でしたが、今回の発表はそれを覆すもの。

「Broadwell」は「Iris Pro Graphics」を採用することで、グラフィック性能もさらに強化されています。

なお、8コア・16スレッドやDDR4メモリにも対応したほか、ダブルグリスバーガー問題を解決してオーバークロック耐性を備えた「Broadwell」ベースの新プロセッサ「Devil's Canyon」は今年半ばに投入される予定。

デスクトップにも力を入れることになった今回の方針転換について、Intelは小型パソコンやオールインワンパソコンといったカテゴリが熱を帯び始めていることを挙げています。

・関連記事
Nexus 8は最新CPU「Atom Z3580(Moorefield)」搭載か、低価格での提供も期待 | BUZZAP!(バザップ!)

高性能CPU戦争からAMDが脱落、Intelの一人勝ちで終焉へ | BUZZAP!(バザップ!)

IntelがSDカードサイズの超小型パソコン「Edison」を開発 | BUZZAP!(バザップ!)

割安パソコン「Chromebook」日本上陸へ、低迷するPC市場の救世主に | BUZZAP!(バザップ!)

サポート終了後に日本国内で残るWindows XPパソコン、なんと750万台以上に | BUZZAP!(バザップ!)

Intelの次世代CPU「Broadwell」はノートやモバイルのみに、デスクトップ版は無し | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加