【悲報】不健康な食べ物はタバコより危険で課税すべきと国連報告官がWHO総会で提言

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by ThornMonkey

ヤサイマシマシニンニクカラメ…体に悪いと分かっていても食べたい料理、誰でもひとつくらいはあると思います。しかし、こうした食べ物には課税すべきだとの提言がなされました。詳細は以下から。

不健康な食品には課税必要、「たばこより危険」=国連報告官 世界のこぼれ話 Reuters

現地時間5月19日に開催された世界保健機関(WHO)の総会において、国連の食糧問題担当オリビエ・デシューター特別報告官が不健康な食事はタバコよりも健康へのリスクが高いとして、課税を始めとした対策を早急に行うべきだとの提言を行いました。

デシューター特別報告官によると

「不健康な食事は現在、たばこよりも大きな脅威となっている。世界がたばこの規制で団結したように、適切な食事に関する大胆な枠組み条約の合意が必要だ」


とのこと、そしてより良い食事を促進し、肥満を抑えるためには制度が正しく機能する必要があるとの考えを示しました。同氏によると、そうした制度には不健康な食料品への課税、飽和脂肪や塩や糖の高い食品の規制、ジャンクフード広告の取り締まりが含まれるとのこと。

医食同源という言葉があるように、食が健康の基本であることは言うまでもありませんが、日々のストレスを好きなものを思いっきり食べることで解消するのも私達にとってはお馴染みの方法です。

ラーメン、焼き肉、スイーツ、二郎、確かに健康のためではなく嗜好品としての趣も持つこうした食品ですが、規制されたり課税されることが本当に心身の健康に繋がるのでしょうか。

どちらにせよ、増大する生活習慣病とそれらの治療にかかる医療費の高騰を考えれば、こうした課税や規制が今後行われてゆく可能性も十分に考えておかなければならなそうです。

(Photo by ThornMonkey

満腹ダイエットでみんなヤセられた! (Seishun super books special)
大沢 睦子
青春出版社
売り上げランキング: 105,061

・関連記事
砂糖は規制すべき現代の最も危険なドラッグであるとの警告 BUZZAP!(バザップ!)

高カロリー高脂肪食品にはコカインやモルヒネ以上の中毒性があると判明 BUZZAP!(バザップ!)

飲酒はあなたのダイエットを台無しにする最も危険な罠である BUZZAP!(バザップ!)

ベジタリアンは肉食者よりも不健康で不幸であるという衝撃的な研究報告 BUZZAP!(バザップ!)

いじめの加害者は健やかに成長し、心疾患やメタボにもなりにくいことが明らかに BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加