Googleの5000円スマホ「Project Ara」、東芝が独占的に部品供給へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



Nexusシリーズに続く中核製品としてGoogleが発売を予定している「Project Ara」。最安だと5000円程度で購入できるという、とんでもないスマホですが、東芝が部品を供給することが明らかになりました。

東芝、グーグルの新型スマホに半導体供給 15年発売 :日本経済新聞

日本経済新聞社の報道によると、東芝はGoogleが発売を予定しているスマートフォン「Project Ara」に部品を供給するそうです。

「Project Ara」はユーザーのニーズに合わせ、カメラやバッテリーなどの部品をユーザーがブロックのように取り付けて利用できるというモデルで、最も安いモデルは5000円ほどで購入可能。

公式サイトの画像。背面の部品を組み替えて使います。


東芝が担当するのはスマホ本体と脱着する部品を制御する3種類のLSI(高密度集積回路)で、2013年10月からGoogleと協力して開発中。同社は優先サプライヤーに認定されており、Project Ara発売から1年前後はLSIを独占的に供給するとされています。

・関連記事
【格安SIMよりお買い得】LTEスマホ「STREAM X GL07S」が月額1980円で処分中、しかも通話定額付き | BUZZAP!(バザップ!)

ついにスマホの防水機能が世界標準に、ソニーは廉価版の防水Xperiaを開発中 | BUZZAP!(バザップ!)

1万円で買える廉価版NexusをGoogleが計画か、64ビットまたは8コアプロセッサを搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【緊急特報】「ZenFone 5」1万円台半ばに大幅値下がり、本格デュアルカメラやAI採用でかなり使える格安スマホに
  2. 1万円台の格安スマホ「UMIDIGI A7 Pro」が大きく値下げ、4眼カメラに大容量バッテリー搭載
  3. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  4. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  5. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に

モバイルに関連した楽天商品ランキング