【動画あり】富野由悠季監督が機動戦士ガンダム展「THE ART OF GUNDAM」開会式でスピーチ

このエントリーをはてなブックマークに追加



いよいよ本日、史上最大となる機動戦士ガンダム展「THE ART OF GUNDAM」が大阪で開会しましたが、ガンダムの生みの親・富野由悠季監督が来場し、スピーチを行いました。

オープン初日なこともあり、人でごった返す会場。


開会式の様子。左から富野由悠季監督、バンダイ代表取締役兼チーフガンダムオフィサー 上野和典氏、サンライズ代表取締役宮川恭夫氏など、そうそうたる面々です。


時折天を仰いだり、会場に向かって会釈していた富野監督。


まずは主催者である朝日新聞社 執行役員 企画事業担当 坂本弘子さんによる挨拶。朝日新聞では機動戦士ガンダム本放送時に読者と記者がガンダムについて語り合う企画を紙面で実施。先日も35周年を記念した記事が一面に掲載されました。


いよいよ富野監督のスピーチです。


監督は1000点にも及ぶアートワークなどが展示された、史上最大となる今回の機動戦士ガンダム展について「自分自身が現場(スタジオ)で見ていた、マテリアル(素材)でしかなかったものが、このような形で35年目にしてまとまって見せてもらって、とてもビックリしたことが起こりました」などとコメント。

「原画や背景の持つビビッドな力を思い知らされた」「デジタル時代になって絶対に忘れてはいけないという衝撃を受けた」などとして、年を取った人、そして子どもたち(富野監督いわく「お子」)へのメッセージを以下のように述べています。

富野由悠季監督が機動戦士ガンダム展「THE ART OF GUNDAM」開会式でスピーチ - YouTube


なお、富野監督のスピーチ全文を書き起こすと以下のように。やはりどことなく「富野節」が利いていることに安心させられます。

おはようございます。昨日、一応この会場をざっと見て正直とても驚かされました。自分自身が現場で見ていた、つまりスタジオで見ていたものっていうのは全部現場作業(電波産業?)の絵でしかなかった、マテリアルでしかなかったものがこういう形で35年経ってまとまって見せてもらって、とてもびっくりしたことが起こりました。

それはどういうことかというと、我々は実際に暮らしをしている中で、毎日一生懸命です。ですから色んなことを忘れているということを思い知らされました。35年前のアニメの原画とか背景芸術ですが、それが持っているビビッドな力というものはどういうものかということを思い知らされました。

ことに大河原邦男、中村光毅の絵が持っている力というものは、今我々がデジタル時代になって絶対に忘れちゃいけないものを見せられたことにとても衝撃を受けました。お年を召した方はそういうものがどういうものかっていうことを見抜いて欲しい。これから大きくなっていくお子達には「一見こういう風に楽しく見れるものなんだけど、すごい何かが含まれている」ということを、より感じていただけたら嬉しいと思いますし、そういう展示になっていると思いますので、ぜひ見ていただきたい。

楽しんでくださいとは言いません。今言ったことを考えていただきたい。お子達はとにかくわぁっとして見ていただいて結構なのでぜひ見ていただきたいと思います。何よりも今回こういう形で催場をご提供いただいてガンダム展を開催することができました。関係者の皆様、心から御礼申し上げます。どうも本当にありがとうございました。


「THE ART OF GUNDAM」で展示されている、大河原邦男氏・中村光毅氏による原画やラフデザインの一例。あまりの緻密さに目を見張るものがあるため、是非生で見てみることをオススメします。


基本設定:ガンダム 大河原邦男、1978年 (c)創通・サンライズ


ラフデザイン<ザク> 大河原邦男、1978年 (c)創通・サンライズ


ラフデザイン<ホワイトベース> 大河原邦男、1978年 (c)創通・サンライズ


美術ボード スペース・コロニー・サイド・7 中村光毅、1979年頃 (c)創通・サンライズ


劇場版機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編ポスター原画 大河原邦男、1982年 (c)創通・サンライズ

テープカットの様子。開会式は来場者の大きな拍手に包まれ、ガンダムを愛する人々の多さを改めて思い知らされる内容となりました。



機動戦士ガンダム展「THE ART OF GUNDAM」

【大阪会場】
開催日程:2014年7月12日(土)~8月31日(日)会期中無休
開館時間:10:00~20:00(入館は19:00まで)
会  場:大阪文化館・天保山(大阪府大阪市港区海岸通1-5-10)
料  金:一般・大学生2000円(1800円)/中学・高校生1500円(1300円)
     4歳~小学生800円(600円)※カッコ内は前売り・団体価格

HP:機動戦士ガンダム展「THE ART OF GUNDAM」

・関連記事
大阪の機動戦士ガンダム展「THE ART OF GUNDAM」が史上最大過ぎて萌えアガらずにはいられないレベルに | BUZZAP!(バザップ!)

「∀(ターンエー)ガンダム」を大河原邦男氏がデザインするとこうなる | BUZZAP!(バザップ!)

【訃報】声優の永井一郎さんが急死、サザエさんの波平役や機動戦士ガンダムのナレーションなど | BUZZAP!(バザップ!)

声優の本多知恵子さんが逝去、機動戦士ガンダムZZのエルピー・プルや少女革命ウテナの薫梢を演じる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加