ウクライナ東部で撃墜されたマレーシア航空機、「国際エイズ会議」に向かうエイズ研究第一人者ら約100人が搭乗していたことが明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加



7月17日にウクライナ東部で撃墜されたマレーシア航空機に100人を超える「第20回国際エイズ会議」に出席予定の研究者らが搭乗していたことが明らかになりました。世界は多くのエイズ研究者らを一度に失ったことになります。

複数メディアが報じたところによると、7月17日にウクライナ東部で撃墜され、乗員乗客298名が死亡したマレーシア航空機MH17便に、7月20日からオーストラリアのメルボルンで開催される予定の開催される「第20回国際エイズ会議(International AIDS Conference)に出席を予定していた研究者や医療関係者、活動家らおよそ100人が搭乗していたことが明らかになりました。

エイズ会議出席者100人搭乗か、ウクライナで墜落の旅客機 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

時事ドットコム:エイズ研究者が多数搭乗=墜落のマレーシア機

国連合同エイズ計画のミシェル・シディベ氏はTwitterで乗客の多くが国際エイズ会議への途上にあったとし、弔意を表しています。


国際エイズ学会もHPにて同機に第20回国際エイズ会議に向かう友人や同僚が数多く搭乗していたこと明らかにする声明を出しています。また、その中に前国際エイズ学会会長であり、世界的なエイズ研究者であるユップ・ラング氏が含まれているとの報告を受けたとしています。

International AIDS Society - IAS Home Page

国際エイズ会議は隔年で開催されており、草の根の活動や資金問題についての報告や話し合いの場であり、今年はビル・クリントン元アメリカ合衆国大統領も出席する予定となっています。

自宅で出来る!【HIV(エイズ)検査キット(bg5079)】 ※男女兼用
さくら検査研究所
売り上げランキング: 17,911

・関連記事
平均寿命に大きく影響、HIV検査や早期治療の大切さが明らかに BUZZAP!(バザップ!)

より攻撃的なHIVの変異種が登場、短期間でエイズを発症 BUZZAP!(バザップ!)

輸血でエイズウイルス(HIV)感染者が発生、検査目的の献血が原因 BUZZAP!(バザップ!)

エイズ治療前進へ、ハチの毒を用いてHIVなどのウイルスを破壊することに成功 BUZZAP!(バザップ!)

「コンドームを擬人化したイケメン男性2人組」のイラスト募集中、賞金は10万円 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加