待望の新機種「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」登場、ついにWiMAXハイパワーやクレードル対応に

このエントリーをはてなブックマークに追加



昨年10月末に発売されたモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14」。下り最大110Mbps・転送量無制限の「WiMAX 2+」と、建物の中でも使えるプラチナバンド(800MHz)の「au 4G LTE」に初めて対応し、転送量とエリア、両方の問題を解決した非常に優秀な機種でしたが、さらに使い勝手が良くなった「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」が登場しました。

これが8月1日(金)に発売される新機種「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」本体。3000mAhのバッテリーを搭載し、前モデルよりも長い約10時間50分(WiMAX 2+接続時)駆動を実現。新たに「WiMAXハイパワー」に対応し、WiMAXがつながりやすくなりました。


カラーバリエーションはホワイトとレッドの2色。モバイルバッテリーの役割を担い、スマホを充電することもできます。



WiMAX 2+とWiMAXを転送量無制限で使える「ハイスピード」、au 4G LTEとWiMAX 2+を併用する代わりに7GB制限がかかる(制限超過後もWiMAXは利用可能)「ハイスピードプラスエリア」、そしてWiMAXを無制限で利用できる「ノーリミット」の3つのモードを切り替えて使う点なども従来と同じです。


しかしWiMAXハイパワーと並ぶ大きな進歩が「別売でクレードルが提供される」という部分。有線でパソコンなどと接続できるようになりました。



クレードルに載せたところ。自動的に横メニュー表示に切り替わり、時計を常時接続させることも可能です。


画面イメージはこんな感じになります。



なお、UQ WiMAX公式ページでの販売価格は「UQ Flat ツープラス おトク割」適用時で4800円(クレードルセットは6800円)になるとされています。

・関連記事
8.2mmの極薄ルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」発売決定、初のNEC製モデルに | BUZZAP!(バザップ!)

圧倒的なエリアと転送量無制限、モバイルルーターの最高峰「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14」を1ヶ月間使ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

あまりに過酷な速度制限、ソフトバンクで「3日間で1GB」を超過するとどうなるのか | BUZZAP!(バザップ!)

【通信速度比較】auの夏モデルを自称最速のソフトバンクと比較、WiMAX 2+とキャリアアグリゲーションの実力が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加