iPhone 6・iPhone 6 Plus・Apple Watch正式発表、128GBモデル追加で9月19日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加



ついにAppleが新型iPhoneおよび時計型端末を発表しました。詳細は以下から。

発表会開始早々、iPhone 6とiPhone 6 Plusが正式発表。



4.7インチと5.5インチ。


解像度は1334×750、1920×1080となります。


薄さは6.9mm、7.1mm。


さらに強固なガラスを用い、発色はさらに良くなります。


Apple A8は第2世代の64ビットCPUに。20nmプロセスで製造され、20億のトランジスタを採用。CPUがA7と比較して25%高速化(初代iPhoneと比較して50倍)したほか、GPUに至っては初代iPhoneと比較すると最大84倍のパフォーマンスに。






バッテリー寿命も大きく改善。



加速度などを処理する、M8プロセッサも搭載します。


LTEは20のバンドに対応し、全世界で利用可能。キャリアアグリゲーション、VoLTEにも対応します。







カメラは今まで通り800万画素。しかしより高速なオートフォーカス、次世代のトーンマッピング、進化したノイズリダクションでさらなる安定した写りを実現。センサーも刷新されます。





4300万画素相当のパノラマ写真を撮影可能に。


1080p、60fpsの動画や120fps・240fpsのスローモーション動画も撮影可能に。このあたりはGalaxy S5から4K動画機能をオミットした感じでしょうか。



ついに128GBモデル登場。2年契約時の価格は399ドル!



iPhone 5c(8GB)は0ドル、iPhone 5sは99ドルから、iPhone 6は199ドルから、iPhone 6 Plusは299ドルから……という価格構成となり、9月19日発売。iOS 8は17日からの提供となります。




新決済サービス「Apple Pay」対応へ。なんと指紋認証機能「TouchID」を用い、既存のクレジットカードリーダーで決済可能。



さらにNFCにも対応


Appleに買い物履歴を追跡されることも、セキュリティコードが盗み見られることもありません。




ワンモアシング


Apple Watch





時計としての表示や地図の表示も可能なスグレモノです。




斬新なホーム画面。若干蓮コラのように見えなくもありません。


SiriはApple Watchにビルトイン。本体表面には新素材「サファイアガラス」が採用されています。



すべての部品は「Apple S1」としてパッケージングが施され、防水仕様に。


サードパーティーがアプリを開発できます。


iPhone 5以降の機種をサポートし、2015年初頭発売予定。349ドルから。



Live from Apple's iPhone 6 and iWatch event - The Verge

Live from Apple's "Wish We Could Say More" iWatch & iPhone 6 Event

News Hub and Live Blog: Apple’s ‘wish we could say more’ iPhone, mobile payments and wearables event | 9to5Mac

Apple iPhone 6 iWatch Event: We’re Here! - SlashGear

・関連記事
iPhone 6徹底解説、大画面化やキャリアアグリゲーション、VoLTE、AXGP・WiMAX 2+対応で何が変わるのか | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6のSIMフリー版、5sよりも安価で販売されることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6商戦はドコモの一人相撲に?au・ソフトバンクがタブーとなった「秋モデル」を投入するワケ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6やiWatchの研究開発費は史上最高、Appleの全力投球っぷりが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

日本でのiPhone人気、キャッシュバック終了と共に急降下していたことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhoneが遅い」という声多数、Appleが最新iOSにアップデートさせるのは買いかえを促すため? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加