iPhone 6やiWatchの研究開発費は史上最高、Appleの全力投球っぷりが明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加



Appleが今秋以降発表する新製品群に対し、文字通り全力投球していることが明らかになりました。

大手Apple系情報サイト「Appleinsider」がまとめた、Appleの研究開発費および利益の伸びを表すグラフ。毎年Appleの研究開発費は伸びてきましたが、2014年には年率80%にまで急増。iPhone 3G開発当時を上回る、とんでもない伸びを見せています。


なお、Appleが今日までに2014年度の研究開発費として投入した具体的な金額は43.6億ドル(約4439億円)。

巨額の投資が行われている背景として、4.7インチ・5.5インチの2モデル展開となる「iPhone 6」や新製品「iWatch」の開発に加え、「MacBook Air」や「Apple TV」を含む既存製品の刷新が挙げられています。

7000~8000万台という、類を見ない規模の発注が行われたことが部品メーカー関係者から明かされたiPhone 6。勝算があるということの表れだと思われますが、大画面化のトレンドが進み尽くした中、ようやく大画面化にこぎつけるiPhoneにそれだけのニーズがあると踏んでいるのでしょうか。

Apple spending on manufacturing & parts sees biggest increase since 2007 launch of first iPhone

・関連記事
iPhone 6のサファイアガラス製ディスプレイ、恐ろしいほど割れないことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6の新たな写真が流出、すでに本体はほぼ完成か | BUZZAP!(バザップ!)

あまりに売れないiPhone 5c、数百万台が不良在庫に | BUZZAP!(バザップ!)

iWatchは10月発売へ、Samsungやソニーを大きく上回る規模の生産数に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6は類を見ない規模の生産台数に、Appleが絶大な自信 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加