ソフトバンクがiPhone 6発売に合わせてアメリカからの通話し放題サービスを提供へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



iPhone 6をめぐる携帯各社の駆け引きがヒートアップする中、ソフトバンクが日米を巻き込んだ通話定額を発表することが明らかになりました。

日本経済新聞社の報道によると、ソフトバンクモバイルはiPhone 6およびiPhone 6 Plusの発売に合わせて、アメリカから日本へ通話し放題になるサービスを提供するそうです。

同サービスは完全通話定額の新プラン「スマ放題」契約者が対象で、ソフトバンクのアメリカ子会社・スプリントのネットワークを利用。

アメリカ国内での通話も一定条件を満たすと追加料金がかからず、インターネットも容量の上限内で使い放題になるとしており、社員がアメリカに出張することが多い企業ユーザーにとって、大幅なコスト削減が見込めるとしています。

ソフトバンク、米から日本かけ放題 iPhone6購入者  :日本経済新聞

・関連記事
【パケ死注意】ドコモやソフトバンク、パケット代青天井の「スピードモード」「快適モード」加入を割引の条件にしていることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクも下取り大幅増額、他社版iPhoneやAndroid、フィーチャーフォンまで対象に | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが他社版iPhone下取り額をありえないほど大幅アップで最安のiPhone 6実現、auも即日対抗で反撃 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモ・au・ソフトバンク版iPhone 6の販売価格判明、ドコモが機種変更最安に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6商戦はドコモの一人相撲に?au・ソフトバンクがタブーとなった「秋モデル」を投入するワケ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加