ドコモが他社版iPhone下取り額をありえないほど大幅アップで最安のiPhone 6実現、auも即日対抗で反撃

このエントリーをはてなブックマークに追加



昨年iPhone参入にあたり、ソフトバンクすらやらなかった「MNP利用者向けに他社版iPhoneの下取り」という大ナタを振るったNTTドコモですが、iPhone 6の発売に合わせて下取り額を大幅に引き上げました。

◆ドコモが携帯各社で下取り額を大幅増額
2014年9月14日11時37分時点での携帯3社のiPhone下取り額は以下の通り。

ドコモは9月19日~10月31日までの期間限定で(PDFファイル)他社版iPhoneの下取り額を最大2万1600円増額しており、その結果iPhone 5は3万円前後、iPhone 4sすら2万円前後で下取りされることに。


ちなみにauの下取り額はこんな感じ。他社への流出を防ぐため、iPhone 4sが増額されています。


3社の中で一番下取り額が低いソフトバンク。ドコモに追従するのでしょうか。


なお、MNP時のiPhone 6本体価格は携帯各社とも横並びですが、他社版iPhoneの高額買い取りによってドコモ版が最も安く購入できる計算に。

◆新プラン加入必須でランニングコスト増大も
ただしドコモは9月から契約できる料金プランを6月にスタートした「カケホーダイ&パケあえる」に一本化しており、以下の比較からも分かるように、データ通信メインのユーザーには割高となる計算に。旧プランでの契約が可能なauやソフトバンクと比べてランニングコストが底上げされています。

・旧プラン
タイプXiにねん(通話定額無し、743円)+spモード(300円)+Xiパケ・ホーダイ フラット(月間7GB、5700円)=6743円

・新プラン
カケホーダイ(完全通話定額、2700円)+spモード(300円)+データMパック(月間5GB、5000円)=8000円


機種変更を最安にすることで他社への流出を防ぎ、他社版iPhoneを高価買い取りすることで流出したユーザーを少しでも取り戻そうとする強い意気込みを感じますが、できれば契約できるプランに幅を持たせて欲しかったところです。

◆auが即日対抗
本日20:05にauが下取り額アップを発表しました。iPhone 5の全モデルが1万2000円分上乗せされています。


ドコモより下取り価格は低いものの、「話題のスマホをスペシャルクーポンでおトクに!」と銘打ち、auがiPhoneユーザー向けに配布している機種変更1万円引きクーポンを組み合わせれば、機種変更でも十分安く買うことができそうです。


手元のiPhoneユーザーを残しつつ、他社から奪ってくる……という、綱引きの様相が色濃くなってきた下取り価格合戦。仁義なき戦いはiPhone 6が発売される9月19日まで続きそうです。

・関連記事
iPhone 6商戦はドコモの一人相撲に?au・ソフトバンクがタブーとなった「秋モデル」を投入するワケ | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモ・au・ソフトバンク版iPhone 6の販売価格判明、ドコモが機種変更最安に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6でソフトバンクの一人負け加速、auは悲願の通話中データ通信解禁へ | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが既存ユーザーにも割高なカケホーダイ加入を強要へ、旧プランの月々サポート打ち切り | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6のSIMフリー版、5sよりも安価で販売されることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6・iPhone 6 Plus・Apple Watch正式発表、128GBモデル追加で9月19日発売 | BUZZAP!(バザップ!)

初見殺しが多すぎるソフトバンクの「落とし穴」を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

日本でのiPhone人気、キャッシュバック終了と共に急降下していたことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加