iPhone 6でソフトバンクの一人負け加速、auは悲願の通話中データ通信解禁へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



大画面化だけでなく、キャリアアグリゲーションやAXGP・WiMAX 2+への対応など、ネットワーク周りも大きく進化したiPhone 6。

携帯電話にとって最も重要なつながりやすさや通信速度、通信の安定性が大きく向上することが期待できる中、ソフトバンクの一人負けが深まりかねない事態に陥っていることが明らかになりました。

◆すでに1年前から旗色が悪かったソフトバンク
まず最初に知っておくべきなのは、昨年9月に発売されたiPhone 5s/5cの時点でソフトバンクのみがLTEネットワークで圧倒的に不利だったという部分。

iPhone 5s/5cは建物の中などでもつながりやすく、エリアの広い「プラチナバンドLTE(800~900MHz帯)」に対応しましたが、KDDIが昨年8月時点で該当する基地局を3.1万局、NTTドコモが2000局を展開していたのに対し、0局だったソフトバンクは大きく出鼻を挫かれました。


その後ソフトバンクは2013年冬~2014年春モデル発表会において、900MHz帯のプラチナバンドを用いたLTEの展開を2014年春に前倒しすることを告知していましたが、本来提供される予定だった今年7月を過ぎ、iPhone 6発表を迎えても正式アナウンスは行われていません。


◆キャリアアグリゲーションでも出遅れるソフトバンク
そして今回、ソフトバンクにとって厳しい事態となりそうなのが、2つのLTEを束ねて下り最大150Mbpsを実現するiPhone 6の新機能「キャリアアグリゲーション(CA)」への対応状況。


プラチナバンドLTEの人口カバー率99%、2.1GHz帯LTEの人口カバー率91%のauは今後、広範なエリアで下り最大150Mbpsの通信サービスを提供できますが、ソフトバンクがLTEでキャリアアグリゲーションを提供するのは2015年以降の予定。昨年に続き、またしても出遅れることになります。

なお、ソフトバンクは9月下旬からiPhone 6が対応するもう一つの高速通信方式「TD-LTE」と互換性を持つ「AXGP」で下り最大165Mbpsのキャリアアグリゲーションを展開する予定ですが、BUZZAP編集部で同社広報部に問い合わせたところ、iPhone 6で利用できるかどうかは不明。


よしんば利用できたとしても、AXGPは建物の中に非常に弱く、基地局1台あたりのカバーエリアが狭い2.5GHz帯の電波を用いているため、つながりやすさや高速通信できるエリアの広さで遅れを取ることになります。

◆VoLTEと切り離せないCA、auは悲願の通話中データ送受信解禁
さらに極めつけとなるのが、iPhone 6が新たに対応する「VoLTE(Voice over LTE)」。


同サービスは音声をパケット化し、LTEネットワークでやりとりすることで、従来の3G回線よりもクリアで聞き取りやすい通話を実現するもの。

国内での対応予定は告知されていませんが、NTTドコモは夏モデルのAndroidスマホから提供済み。au・ソフトバンクも一部のAndroidスマホに対して年内に提供開始する予定です。

VoLTEの高音質さがよく分かるムービー - YouTube


国内版iPhone 6でもVoLTEが利用できるようになるのであれば、通話・データ通信双方にLTEを用いるため、au版iPhoneの弱点だった「通話しながらのデータ通信」が可能に。カバー率99%のプラチナバンドLTEにより、3Gとほぼ遜色ないエリアでVoLTEおよび通話中データ通信を利用できるようになるわけです。

VoLTEで実現する高速マルチアクセス - YouTube


ビデオ通話もキレイになります。

高品質なビデオコールもVoLTEで実現 - YouTube


このようにいいことずくめなVoLTEですが、一方で非常に大事なのがLTEネットワークの安定性。基地局の境目などでは通信が不安定になりがちですが、前述のキャリアアグリゲーションを用いれば、どちらかの電波が弱くなっても、もう一つの電波で補完が可能に。


つまりプラチナバンドLTEに裏打ちされたauやドコモのネットワークではキャリアアグリゲーションを駆使した快適なVoLTEを利用できるようになる一方で、ソフトバンクのVoLTEは他社と比較して途切れたり、音質が乱高下してしまう可能性があるわけです。

また、もちろんVoLTEだけでなくLINE・Skypeでの通話や通常のデータ通信においても安定性は向上。今までは特定のスポットでの通信速度やつながりやすさでネットワークの優劣を論じる風潮がありましたが、「移動時でも高速かつ安定して通信できるかどうか」という新たな評価軸が加わることになります。

同じ端末、ほぼ同じ料金、そして見かけ上ほぼ同じに見える新サービス……と、一見して違いを見いだすのが困難な携帯各社のiPhone商戦。しかしながら実態が大きく異なるケースがあるため、選ぶ際には注意したほうが良さそうです。

・関連記事
あまりに過酷な速度制限、ソフトバンクで「3日間で1GB」を超過するとどうなるのか | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの「通信速度1位」のカラクリが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6徹底解説、大画面化やキャリアアグリゲーション、VoLTE、AXGP・WiMAX 2+対応で何が変わるのか | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6商戦はドコモの一人相撲に?au・ソフトバンクがタブーとなった「秋モデル」を投入するワケ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5sのテザリング機能を「mineo(マイネオ)」で利用する方法が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

AQUOS CRYSTAL 305SH同梱のスピーカー、「予約特典」などと偽る売り方をソフトバンクショップが展開 | BUZZAP!(バザップ!)

初見殺しが多すぎるソフトバンクの「落とし穴」を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

日本でのiPhone人気、キャッシュバック終了と共に急降下していたことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

世界初のフレームレススマホ「AQUOS CRYSTAL」速攻レビュー、本体実質0円でHARMAN製スピーカーも付属 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加