スマホ不振のソニーがハイエンドモデルに注力へ、一部モデルの開発中止も



モバイル事業の不振が取りざたされたソニーが、低価格帯で勝負せず、ハイエンド市場に注力する方針であることが報じられました。

台湾メディア「DIGITIMES」が部品メーカー関係者の話として報じたところによると、ソニーは人員削減でモバイル事業の見直しをはかると共に、製造委託している台湾メーカーに対して発注数を減らすことにしたそうです。

これはソニーが中国メーカーなどに押されている新興国市場でのエントリーおよびミドルレンジモデルではなく、収益性の高いハイエンドモデルに注力する方針へとシフトすることを受けたもの。

同社は2014年度のスマホ出荷予定台数を引き下げましたが、その裏で一部のエントリーおよびミドルレンジモデルの開発を諦めたことが明かされています。

なお、関係者はApple以外のメーカーすべてが新興国市場を意識したモデルを出す中で、ソニーがあえてハイエンドモデルに注力したとしても、AppleやSamsungが圧倒的優位に立つハイエンド市場ではほとんど競争力が無いとコメント。

もしソニーの四半期のスマホ出荷台数が1000万台程度にとどまるのであれば、世界のトップ10からも脱落するという、厳しい見方を示しています。

Sony Mobile to focus on high-end smartphones, will decrease ODM orders, say Taiwan makers

・関連記事
KDDI(au)が2014年冬モデル電撃発表、「Xperia Z3」「GALAXY Note Edge」「GALAXY Tab S」発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia Z3」「Xperia Z3 Compact」「Xperia Z3 Tablet Compact」を解説、カメラがISO12800に進化&8インチタブレット初登場 | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia Z3」や新型ウォークマン「NWZ-A15」、Eマウント対応レンズスタイルカメラ「ILCE-QX1」などをソニーが発表、初の8インチタブレットも | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング