「Xperia Z3」とドコモ独占発売の「Xperia Z3 Compact」速攻レビュー、ISO12800カメラで暗所がさらにキレイに

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモが本日発表した2014年冬モデル「Xperia Z3」および同社独占販売となる「Xperia Z3 Compact」のレビューをお届けします。

いずれのモデルも狭額縁仕様となったことで、本体のスリム化に成功したほか、もともと暗さに強いカメラがさらに強くなるなど、さらなる進化を遂げています。

「Xperia Z3 SO-01G」「Xperia Z3 Compact SO-02G」本体。カラバリはそれぞれ4色です。




並べてみたところ。


「docomo Xi」が背面中央に来るようになったロゴ配置はドコモ担当者曰く「ベストなバランスを考えたデザイン」とのこと。


両機種の違いはディスプレイとRAM容量(Xperia Z3が5.2インチフルHD・3GB RAM、Z3 Compactは4.6インチHD・2GB RAM)のみで、プロセッサやカメラの性能は同じ。「Xperia Z3 Compact」のほうがやや本体に厚みがあります。



裏面照射型CMOSセンサー「Exmor RS」と画像処理回路「BIONZ」「Gレンズ」で構成された2070万画素カメラは新たにISO 12800の超高感度撮影(マニュアル撮影時は3200)に対応。広角27mmから25mmへと進化を遂げたことで、さらに暗いところに強く、広い範囲を撮影できるようになりました。


手の中に収まるフルスペックスマホ「Xperia Z3 Compact」。なお、現時点ではドコモ独占販売になるようです。








実際に触ってみたところ。もはや文句の付けようがないレスポンスです。

Xperia Z3 Compact SO-02Gを触ってみた - YouTube


「Xperia Z3」もベゼルが細くなったことで、非常に持ちやすくなりました。







Xperia Z3 SO-01Gを触ってみた - YouTube


他社の追随を許さない手ブレ補正機能「インテリジェントアクティブモード」



そしてXperia Z3シリーズの大きな強みがISO12800のカメラ。


Xperia Z3(左)とXperia Z2(右)を比較したデモが行われていました。


Xperiaロゴの配置で賛否が分かれそうです。



結果はこちらの動画で。もともと暗いところでトップクラスの強さを誇るXperiaですが、さらに暗いところに強くなったことが分かります。また、撮影後の処理も非常に速いのがポイント。

暗いところでもハッキリ撮れるISO12800のXperia Z3(Z3 Compact) - YouTube


Xperia Z3シリーズはハイレゾ音源に対応しており、CDやMP3などの圧縮音源をハイレゾ相当に補完する「DSEE」も搭載。音質にもかなり気を配っているのが分かります。

Xperia Z3の音質補完機能「DSEE」 - YouTube


複数のXperia Z3やソニーのデジカメを連携する機能も利用できます。



PS4のリモートプレイにも対応しました。





・関連記事
冬の2大スマホ対決、Xperia Z3とiPhone 6のカメラで夜景スポットを撮り比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモの2014年冬~2015年春モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

【パケ死注意】ドコモやソフトバンク、パケット代青天井の「スピードモード」「快適モード」加入を割引の条件にしていることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモは「フルLTE」をiPhone 6に投入、下り最大225Mbpsのキャリアアグリゲーションをダブルで展開も | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが既存ユーザーにもカケホーダイ加入を強要へ、旧プランの月々サポート打ち切り | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモが基地局を緑化、クローバーを植えて表面温度を下げることに成功 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモも画像・動画を圧縮する「通信の最適化」導入へ、ただし強制適用はソフトバンクのみ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加