「プラズマテレビ」完全終了へ、すべてのメーカーが撤退

このエントリーをはてなブックマークに追加



パイオニアや日立に続き、最後まで頑張っていたパナソニックまでもが2014年3月末で撤退し、国内勢がいなくなったプラズマテレビですが、海外勢も撤退してしまうことが明らかになりました。

長きにわたって続いた「液晶テレビ vs プラズマテレビ」の対立は、完全に終焉を迎えることとなります。

海外メディア「Trusted Reviews」の報道によると、今年7月に2014年内にプラズマテレビの生産を終了することを告知したSamsungに続いて、LG電子も年内に生産を終える方針であることが判明したそうです。

LGホームエンタテイメントのプロダクトコミュニケーションズディレクター、Hugo Shin氏は「まだ正確なタイミングを決めてはいないが、今年がプラズマテレビ生産の最後の年になると思われる」とコメントしたとのこと。

また、別のLG電子の幹部も「11月にも生産終了するのか」という問いに対して、うなずいたとしています。

なお、プラズマテレビは需要の低迷から部品調達コストが高騰し、本体価格を下げられなくなるなど、悪循環が発生しているのが現状。

「ポスト液晶」の最有力候補とみられる大型有機ELテレビがようやく製品化されたことも、プラズマテレビ終了を後押ししていると考えられます。

LG: This is the last year of plasma TVs - News - Trusted Reviews

・関連記事
携帯電話事業から撤退した国内メーカーまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

気が付けば価格3倍、メーカー淘汰でメモリ(DRAM)の値上がりが異常事態に | BUZZAP!(バザップ!)

ついにキーボード搭載スマートフォンが絶滅、テンキー付きも「ゼロ」に | BUZZAP!(バザップ!)

LUMIX Phone再来、パナソニックが新型スマホ「DMC-CM1」を発表 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ハードウェアの人気記事

  1. SSDやメモリが今後値下がりか、メーカー各社の在庫が山積みに
  2. ベストセラー1位の「CHUWI HeroBox」が1万円台など格安超小型パソコン相次ぎ値下がり、RyzenやCore i7搭載モデルも選べます
  3. 世界最小アクションカメラ「Insta360 GO」1万円台に大幅値下がり、20グラムの超軽量ボディにジンバル不要の手ぶれ補正や多彩な撮影機能搭載で国内最安値を大きく下回る
  4. 【速報】超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」や1万円台の対抗モデル「Feiyu pocket」相次ぎ大幅値下がり、14周年のBanggood.comが特別セール実施中
  5. 1万円台でCore i7搭載の超小型デスクトップPC復活、超コスパで大人気の1台

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング