「プラズマテレビ」完全終了へ、すべてのメーカーが撤退

このエントリーをはてなブックマークに追加



パイオニアや日立に続き、最後まで頑張っていたパナソニックまでもが2014年3月末で撤退し、国内勢がいなくなったプラズマテレビですが、海外勢も撤退してしまうことが明らかになりました。

長きにわたって続いた「液晶テレビ vs プラズマテレビ」の対立は、完全に終焉を迎えることとなります。

海外メディア「Trusted Reviews」の報道によると、今年7月に2014年内にプラズマテレビの生産を終了することを告知したSamsungに続いて、LG電子も年内に生産を終える方針であることが判明したそうです。

LGホームエンタテイメントのプロダクトコミュニケーションズディレクター、Hugo Shin氏は「まだ正確なタイミングを決めてはいないが、今年がプラズマテレビ生産の最後の年になると思われる」とコメントしたとのこと。

また、別のLG電子の幹部も「11月にも生産終了するのか」という問いに対して、うなずいたとしています。

なお、プラズマテレビは需要の低迷から部品調達コストが高騰し、本体価格を下げられなくなるなど、悪循環が発生しているのが現状。

「ポスト液晶」の最有力候補とみられる大型有機ELテレビがようやく製品化されたことも、プラズマテレビ終了を後押ししていると考えられます。

LG: This is the last year of plasma TVs - News - Trusted Reviews

・関連記事
携帯電話事業から撤退した国内メーカーまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

気が付けば価格3倍、メーカー淘汰でメモリ(DRAM)の値上がりが異常事態に | BUZZAP!(バザップ!)

ついにキーボード搭載スマートフォンが絶滅、テンキー付きも「ゼロ」に | BUZZAP!(バザップ!)

LUMIX Phone再来、パナソニックが新型スマホ「DMC-CM1」を発表 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加