LUMIX Phone再来、パナソニックが新型スマホ「DMC-CM1」を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加



事実上国内の個人向けスマホから撤退したパナソニックがAndroid搭載の「スマートカメラ」こと「DMC-CM1」を発表しました。

しかしどう見ても「ハイエンドなカメラを備えたAndroidスマホ」となっています。

これが新たに発表された「DMC-CM1」。4.7インチフルHD(1920×1080)液晶、Snapdragon 801(2.3GHz、クアッドコア)、2GB RAM、16GB ROM、2600mAhバッテリーを備え、OSのバージョンはAndroid 4.4。LTEなどの各種通信方式にも対応するなど、最新の性能を実現しています。


そして特筆すべき部分がカメラ。デジカメ最上位モデル「LUMIX FZ1000」と同じく、暗いところでもキレイに撮れる1インチの2000万画素高感度センサーおよび広角28mmのライカレンズを採用しており、4K動画も撮影可能。


かなりデジカメ寄りのインターフェース。シャッター速度や絞り値、ISO感度、ホワイトバランス、フォーカスなども調整でき、スイッチでカメラモードにすぐさま切り替えできます。



かつて「LUMIX Phone」と名付けたモデルを数機種リリースしていたものの、携帯電話としてもカメラとしても完成度が高くなかった感があったパナソニックでしたが、今回はかなり期待できるのではないでしょうか。


LUMIX Smart Camera: High-End Kommunikationskamera

・関連記事
極地戦仕様で超頑丈なWindows 8フォン「TOUGHPAD FZ-E1/FZ-X1」をKDDIが発売 | BUZZAP!(バザップ!)

技術流出を防ぐ狙いも、有機ELを研究開発する新会社「JOLED」をソニーやパナソニックなどが設立へ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6商戦はドコモの一人相撲に?au・ソフトバンクがタブーとなった「秋モデル」を投入するワケ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  2. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  3. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. 1万円台の格安スマホ「UMIDIGI A7 Pro」が大きく値下げ、4眼カメラに大容量バッテリー搭載

モバイルに関連した楽天商品ランキング