LUMIX Phone再来、パナソニックが新型スマホ「DMC-CM1」を発表



事実上国内の個人向けスマホから撤退したパナソニックがAndroid搭載の「スマートカメラ」こと「DMC-CM1」を発表しました。

しかしどう見ても「ハイエンドなカメラを備えたAndroidスマホ」となっています。

これが新たに発表された「DMC-CM1」。4.7インチフルHD(1920×1080)液晶、Snapdragon 801(2.3GHz、クアッドコア)、2GB RAM、16GB ROM、2600mAhバッテリーを備え、OSのバージョンはAndroid 4.4。LTEなどの各種通信方式にも対応するなど、最新の性能を実現しています。


そして特筆すべき部分がカメラ。デジカメ最上位モデル「LUMIX FZ1000」と同じく、暗いところでもキレイに撮れる1インチの2000万画素高感度センサーおよび広角28mmのライカレンズを採用しており、4K動画も撮影可能。


かなりデジカメ寄りのインターフェース。シャッター速度や絞り値、ISO感度、ホワイトバランス、フォーカスなども調整でき、スイッチでカメラモードにすぐさま切り替えできます。



かつて「LUMIX Phone」と名付けたモデルを数機種リリースしていたものの、携帯電話としてもカメラとしても完成度が高くなかった感があったパナソニックでしたが、今回はかなり期待できるのではないでしょうか。


LUMIX Smart Camera: High-End Kommunikationskamera

・関連記事
極地戦仕様で超頑丈なWindows 8フォン「TOUGHPAD FZ-E1/FZ-X1」をKDDIが発売 | BUZZAP!(バザップ!)

技術流出を防ぐ狙いも、有機ELを研究開発する新会社「JOLED」をソニーやパナソニックなどが設立へ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6商戦はドコモの一人相撲に?au・ソフトバンクがタブーとなった「秋モデル」を投入するワケ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  4. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング