WiMAXを本当に月額399円で利用できる「究極割」登場、申し込み殺到中



下り最大40Mbps、上り最大15.6Mbpsで通信量無制限のモバイルWiMAXを月額399円(端末代などすべて込み、実質料金ではなく本当にこの料金)で利用できる「究極割」が登場し、申し込みが殺到していることが明らかになりました。詳細は以下から。

GMOとくとくBB WiMAXが1年間月額399円(税抜)の究極割!超お得なGMOインターネットのプロバイダーサービスです。

UQコミュニケーションズから回線を借りてサービスを提供するMVNOサービス「GMOとくとくBB WiMAX」公式ページによると、新たにWiMAXを1年間・399円で利用できる「究極割」を展開したそうです。

「究極割」は申し込み当月の月額料金・端末代無料(事務手数料3000円のみ必要)で、2~12ヶ月目までの利用料金が月額399円、13ヶ月目以降は3591円になるというもの。12ヶ月目までの解約には違約金として1万5600円が発生しますが、13ヶ月目以降は違約金無しで解約可能です。


利用できる端末は8時間駆動でスマホに給電もできる小型モデル「Aterm WM3800R」と、12時間駆動の薄型軽量モデル「Mobile Slim」の2機種で、いずれも電波が拾いやすく、通信が安定する「WiMAXハイパワー」対応。別売の専用充電台とセットになったMobile Slimは月額499円になります。



なお、公式ページによると現在申し込みが殺到しているため、一時受付を停止中。再開は10月27日(月)10時ごろを予定しているとのことです。

・関連記事
待望の新機種「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」登場、ついにWiMAXハイパワーやクレードル対応に | BUZZAP!(バザップ!)

あの名機「HTC EVO WiMAX」の在庫が悠久の時を経て発掘される | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが2014年冬モデルを発表へ、Firefoxスマホいよいよお披露目か | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6徹底解説、大画面化やキャリアアグリゲーション、VoLTE、AXGP・WiMAX 2+対応で何が変わるのか | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone 12 mini実質1円」爆誕、iPhone SE一括1円めぐるドコモ、au、ソフトバンクのバトルにとんでもない新顔が登場
  2. 低価格タブレット「Xiaomi Pad 5」大容量モデル値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンド仕様に
  3. 折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip 3(本体価格15万円)」が発売早々9万円台に値下げ、回線契約も不要
  4. 新型「iPhone SE(第3世代)」はiPhone 13と同性能で画面が大型化か、デュアルカメラ採用で大幅進化も値段は据え置きに
  5. KDDIが使い放題で月額990円の「au応援割」など「つなぐ応援プログラム」第1弾開始、無料のAmazonプライムも付いて半年経過後も割安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング