ソフトバンクがモバイルの設備投資を大幅削減、生まれたキャッシュは海外に積極投資へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクが行った2014年第2四半期の決算説明会において、業績や今後の方針を明かしました。詳細は以下から。

孫社長登壇



「ソフトバンクはガチョウ」という出だしで始まりました。


売上高4兆1000億円、11期連続で最高益を記録








ソフトバンク本体の時価総額は10兆円ほどですが、アリババやヤフー、ガンホー、スプリントなど、本体を上回る時価総額を誇るグループを抱えています。


とりわけすごいのがアリババ





中国のeコマース市場は今後どんどん拡大する予定ですが、8割をアリババが占める見込み


そしてヤフーもアリババを意識した事業方針にシフト




そして国内通信事業。ソフトバンクモバイルの営業利益はボーダフォン買収後の9倍に




ネットワークが成熟・一巡したことを受け、今後は設備投資を大幅削減へ。




設備投資を引き下げた背景を「収穫期に入ったため」とする孫氏。かつてNTTドコモとauを比較し、設備投資額1位をうたっていた同社ですが、設備投資が先に一巡していた2社と比較して勝ち誇っていたのでは……という気がしなくもありません。


設備投資削減で生まれたFCF(フリーキャッシュフロー)は……



スプリントの反転攻勢に。




業績予想はスプリント修正によって、1兆円(予想)から9000億円に引き下げ


「中国を制するものが世界を制する」として中国に投資してきたソフトバンク


中国のGDPは日本の10倍以上に跳ね上がる見込みです


そして同社の次のターゲットはインドおよびインドネシア






ftp://buzzap.net/public_html/images/2014/11/04/softbank/P1140905_m.jpg






今までソフトバンクが行ってきたインターネット企業への投資実績


アリババ、ヤフージャパン、ガンホー、トレンドマイクロ、SBI、スカパー、ベクター、CNET、ITmediaなどが名を連ねています。



リターンは30倍に


副会長に元GoogleのRajeev Misraを迎え、世界最大のインターネットグループを目指します



自らを金の卵を産むガチョウに喩えた孫氏。「情報革命で人々を幸せにする」というビジョンを追及するとしています。





・質疑応答
フリー神尾:
人口が減り、GDPが伸び悩む日本市場の成長産業はどこにあるのか?日本の現状をどう捉えている?

孫正義:
日本国内での事業はバラ色ではないと考えている。どの産業でもそう。人口が減り、老齢化していく国でGDPが2、3倍に伸びるのは非常に困難。川の流れに喩えると全体が一方向に下っている。日本の国内だけに事業を頼っている会社は明るい未来が無い。

日本に本社があっても世界のお客さんを相手に事業を行っている会社は十分に成長の余力がある。「日本発、商圏は世界」という会社は違う。アリババやスーパーセル、ガンホーといった企業を抱えている以上、日本国内の通信事業に依存しすぎない我々の明るい未来はあると思う。

モバイルデータバンク:
CTOの宮川さんがアメリカに異動するということだが、日本は手薄にならないか

孫正義:
彼はソフトバンクのネットワークの責任者で、接続率No.1が続くようになったので、今度は接続率の改善が急務であるスプリントに配属となった。日本の通信環境については増益できる環境にはないが、お客さんを大切にしていきたいと考えている。しかし企業として増益することが大切であるため、海外への投資を進めていく必要がある。

毎日新聞横山:
総務省がSIMロック原則解除を打ち出したが、どうする方針?MVNOとの競争などはどう変わっていくのか。

孫正義:
SIMロックについては何年も前から議論されていることなので、我々だけでなくドコモやKDDIを含めて議論を高めているところ。最終的に決まった方針について従う方針。

日本で一番売れているiPhoneのSIMロックのかかっていないバージョンはApple Storeでたくさん売られているが、ほとんど売れていない。売れていても中国に流れていた。日本のユーザーでSIMロックのかかっていないiPhoneを買いに行ったお客さんはほとんどいなかった。

キャリア版iPhoneは携帯電話会社が補填して安く売っているのが現状。SIMロックが施されていないバージョンは高い。それでも我々は総務省さんに従う。

フリーライター佐野:
ドコモ光の提供に関してどう思うか

孫正義:
光ファイバーの卸を利用したサービス提供に対しては前向きに考えたい。NTT東西は光で7割以上のシェアを持っており、国のお金でできた会社で、ドミナンス。優位的立場を利用してアンフェアな形で競争を妨げるのは良くないと日本の法律でも定められている。

脱法行為が行われていないのか、脱法行為が行われようとしていないのかを総務省やメディアの皆さんと注意深く監視していきたい。我々としては光ファイバーと携帯電話回線をセット販売すると、結果としてNTTドコモの親会社であるNTTを利することになるのは悲しいところ。だがユーザーのニーズに応えていきたい。

しかしADSLは1回線ごとにバラで卸されているが、光ファイバーは8本まとめてでないと卸されない。仮に新幹線のチケットが8枚綴りでないと卸さないのであれば、旅行代理店は成り立たない。なぜなのかと考えている。

時事通信橋本:
iPhone 6の売れ行きについてはどうなのか。

孫正義:
ソフトバンクは世界で最もiPhoneを売っている企業の1つ。ソフトバンクとスプリントとブライトスターを足すと、Appleの最大顧客ではないかと考えている。いまだに在庫が足りない。

WSJ:
Xperia Z3を発売するようになった理由は?

孫正義:
2年くらい前から話し合いをしていて、1年くらい前に合意。そして今の発売タイミングに至った。だいたい準備には2年ほどかかる。

朝日新聞:
「インドに対して数年で1兆円規模の投資をする」という報道があったか、どう考えているのか

孫正義:
「10年間で1兆円規模の投資をする構えである」と発表させていただいた。あくまで構えであるため、いい弾が来ないとバットを振るつもりはない。心の準備や資金の準備、意欲もあるが、いい投資先で無いのに無理して1兆円ありきで考えるつもりはない。

ダイヤモンドオンライン:
インドには外国企業の直接投資を規制する法律があると思うが、ソフトバンクはリスクをどう考えているのか。

孫正義:
例えばAmazonは中国で積極的にサービスを展開しているが、数パーセントのシェアしか獲得できていない。急成長もしていない……というのも1つの事実である。

・関連記事
ドコモ光に対抗、ソフトバンクもNTTの光回線を使ったセット割引提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

「携帯電話を解約したければ故人を来店させろ」、ソフトバンクショップの仰天対応に怒りの声が上がる | BUZZAP!(バザップ!)

1年間無料に要注意、ソフトバンクの「iPadセット割」にまたしても落とし穴 | BUZZAP!(バザップ!)

AQUOS CRYSTAL付属スピーカー「harman kardon ONYX STUDIO」がオークションで暴落、自称・5万円相当が5000円台に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加