パソコン不要でVHSをデジタル化できる「アナレコ」登場、手ブレ補正や超解像再生も

このエントリーをはてなブックマークに追加



大量にたまったVHSテープや8mmビデオをパソコン不要で簡単にデジタル化できるアイテムが登場しました。

12月下旬発売予定の「アナレコ」本体。価格は1万4300円です。


ビデオデッキやカメラを接続し、録画ボタンを押すだけでSBメモリカードやUSB外付けHDD、USBメモリへのダビングが可能に。S端子を搭載することで、S-VHSビデオデッキも高画質のまま接続できます。


操作インターフェースはかなりシンプル。HDMIケーブルでテレビと接続できるほか、HDMIリンクにも対応しています。


記録フォーマットはこんな感じ。最長録画時間は「4GBのSDHCメモリカードで約1時間15分」とされているため、おそらく映像部分のビットレートは7Mbps程度であると思われます。

動画+音声:MPEG-4 AVC/H.264(720×480、60fps)、AAC(256kbps、48kHz)
音声のみ:MP3(256kbps、48kHz)


なお、ダビングした映像は「アナレコ」に搭載されている手ブレ補正機能で、揺れが少なく視聴できるほか、720×480サイズの映像を1280×720サイズ相当の解像度に高画質化する「超解像再生機能」を用いて視聴可能。アナログ時代の財産を簡単にデジタル化できる点がポイントです。

新商品情報 2014年 | 大切なビデオテープを、デジタルにかんたんダビング! パソコン不要!ビデオキャプチャー「アナレコ」 | IODATA アイ・オー・データ機器

・関連記事
ワイモバイルがVHSやDVDをダビングする「なんでもダビング」を提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

【実験】カセットウォークマンをデジタルネイティブ世代の子供たちに見せるとどんな反応を示すのか | BUZZAP!(バザップ!)

ついに「MD(ミニディスク)」事業をソニーが終了へ、対応機種出荷もカウントダウン | BUZZAP!(バザップ!)

「Technics(テクニクス)」が復活へ、ただしターンテーブル再発は未定 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加