iPhoneやGALAXYの製造原価を部品ごとに一目でチェックできるグラフ

このエントリーをはてなブックマークに追加



中国メーカーの台頭でシェアが目減りしつつある中でも、今もなおスマホ市場の二大巨頭となっている「iPhone」および「GALAXY」シリーズ。その製造原価の推移を一目で確認できるグラフが登場しました。詳細は以下から。

これがそのグラフ。iPhoneシリーズ7モデルおよびGALAXYシリーズ5モデルを比較したものです。
Tableau について

上記のグラフから読み取れるのは以下のようなポイント。なお、比較にあたってはiPhoneのほうが2年ほど先行して展開している(つまり初代GALAXY Sと比較するならiPhone 4)点に注意が必要です。

・基本製造コストは右肩上がり、しかしGALAXY S5はS4とほぼ同じ額に
・iPhoneの部品コストが大きくGALAXYを上回ったのはiPhone 5とiPhone 6の時
・ディスプレイのコストが高めなのはGALAXY。おそらく大画面・高精細化路線の影響
・プロセッサなどのコア部品のコストが最も膨らんだのはiPhone 5/5s(初のLTE対応などのため)およびGALAXY S4(LTE/CDMA方式への対応などのため)
・iPhone 6はアルミニウム製の筐体採用でiPhone 5sよりも15ドルコスト増。iPhone 5s→iPhone 6の製造コスト増加はほぼ筐体によるもの

・関連記事
Appleが「4インチiPhone」を復活か、片手操作や女性ユーザーを意識 | BUZZAP!(バザップ!)

SamsungがiPhoneへの部品供給を増加、Appleと再び提携強化か | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone 6のデザインはパクリ」、中国メーカーがAppleによる盗用被害を主張 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Anker初のAirPods Pro対抗イヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」速攻レビュー、高音質でノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスモデルがお手ごろ価格に
  2. 実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに
  3. Anker初の格安ノイキャン完全ワイヤレス「Soundcore Life A2 NC」速攻レビュー、十分使えてバランスのいい初心者にオススメの1台
  4. えげつなく安い1万円台の高性能SIMフリータブレット「Teclast M40」「Teclast P20HD」またしても値下がり、ゲームやビデオ会議、ナビなどマルチに活躍
  5. 1万円の防水防塵耐衝撃タフネススマホ「F150 B2021」レビュー、IP69K取得の実力と使い心地を試してみました

モバイルに関連した楽天商品ランキング