iPhoneやGALAXYの製造原価を部品ごとに一目でチェックできるグラフ



中国メーカーの台頭でシェアが目減りしつつある中でも、今もなおスマホ市場の二大巨頭となっている「iPhone」および「GALAXY」シリーズ。その製造原価の推移を一目で確認できるグラフが登場しました。詳細は以下から。

これがそのグラフ。iPhoneシリーズ7モデルおよびGALAXYシリーズ5モデルを比較したものです。
Tableau について

上記のグラフから読み取れるのは以下のようなポイント。なお、比較にあたってはiPhoneのほうが2年ほど先行して展開している(つまり初代GALAXY Sと比較するならiPhone 4)点に注意が必要です。

・基本製造コストは右肩上がり、しかしGALAXY S5はS4とほぼ同じ額に
・iPhoneの部品コストが大きくGALAXYを上回ったのはiPhone 5とiPhone 6の時
・ディスプレイのコストが高めなのはGALAXY。おそらく大画面・高精細化路線の影響
・プロセッサなどのコア部品のコストが最も膨らんだのはiPhone 5/5s(初のLTE対応などのため)およびGALAXY S4(LTE/CDMA方式への対応などのため)
・iPhone 6はアルミニウム製の筐体採用でiPhone 5sよりも15ドルコスト増。iPhone 5s→iPhone 6の製造コスト増加はほぼ筐体によるもの

・関連記事
Appleが「4インチiPhone」を復活か、片手操作や女性ユーザーを意識 | BUZZAP!(バザップ!)

SamsungがiPhoneへの部品供給を増加、Appleと再び提携強化か | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone 6のデザインはパクリ」、中国メーカーがAppleによる盗用被害を主張 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  4. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング