「Xperia Z4」もドコモ、au、ソフトバンクから発売へ、au版は3G非対応の特殊仕様に

このエントリーをはてなブックマークに追加



シリーズで初めて大手3社すべてから発売された「Xperia Z3」に続いて、「Xperia Z4」もNTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルから発売されることが明らかになりました。

モバイル系ブログメディア「blog of mobile」が報じたところによると、Xperia Z4のNTTドコモ版とみられる「PM-0793-BV」やau版とみられる「PM-0792-BV」、ソフトバンク版とみられる「PM-0794-BV」が相次いで技適を通過したそうです。

認証を受けた周波数帯は以下の通り。ドコモ版は新たにスタートする予定の700MHzを含む5バンドのLTEに対応し、ソフトバンク版は700MHzを含まないものの、ワイモバイルの1.7GHzを含む3つのLTEとAXGPに対応しています。

・ドコモ版
LTE:700MHz、800MHz、1.5GHz、1.7GHz、2.1GHz
3G:800MHz、2.1GHz

・au版
LTE:700MHz、800MHz、2.1GHz、2.5GHz(WiMAX 2+)
3G:なし

・ソフトバンクモバイル版
LTE:900MHz、1.7GHz、2.1GHz、2.5GHz(AXGP)
3G:900MHz、2.1GHz

なお、特筆すべき事項として、au版は新たにスタートする予定の700MHzを含む3バンドのLTEとWiMAX 2+に対応する一方で、唯一の3G非対応モデルとなる模様。

これはLTEが3Gと同等のエリアまで拡大し、ずっとLTEでつながり続ける環境が完成したことを受け、3Gを捨てて音声通話やデータ通信すべてをLTE上で完結する「au VoLTE」に対応したモデルになることを意味します。

ちなみに現在発売中のXperia Z3。左がドコモ版、中央がau版、右がソフトバンク版で、一見同じように見えますが……


裏返してみるとその差は一目瞭然。au版が中央に「XPERIA」、ソフトバンク版は「SONY」のロゴをあしらう一方で、「docomo Xi」を配して自社色を強く打ちだし、担当者が「ベストなバランスを考えたデザイン」とコメントしたドコモ版に対しては一部ユーザーから不満の声が上がっていましたが、Z4でも踏襲するのでしょうか。

・関連記事
Xperia Z4は悲願のキャップレス防水対応か、2モデル展開の可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】まさかの「VAIOスマホ」まもなく発売へ、ソニーのXperiaと衝突 | BUZZAP!(バザップ!)

冬の2大スマホ対決、Xperia Z3とiPhone 6のカメラで夜景スポットを撮り比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia Z4」の詳細スペック流出、ついにソニーが発売サイクルを1年周期に変更か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  2. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. ハイエンドスマホの本体価格高騰は「Snapdragon 865」が原因、2021年登場の「Snapdragon 875」でさらに値上がりへ

モバイルに関連した楽天商品ランキング