ソニーが格安スマホ向けにXperia投入へ、VAIOスマホと正面衝突

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソニーが格安スマホ市場向けにXperiaを投入することが明らかになりました。

産経新聞社の報道によると、ソニーがイオングループと組んで格安スマホ市場に参入する意向だそうです。販売されるのは旧モデルのXperiaで、端末価格は最新モデルの半額程度にあたる3万円台を想定。

So-netがドコモの回線を用いて提供する格安SIMと組み合わせて提供する方針で、端末の分割払いと通信費を合わせて、月額3000円程度で利用できるようになる予定。イオン以外への展開も検討中とされています。

なお、ソニーがパソコン部門を分社化したVAIOも、日本通信と組んでスマホを発売する方針。格安スマホ市場でXperiaとVAIOが激突する事態となるようです。

販売されるのが旧モデルとはいえ、カメラの画質で常にトップをひた走り続けてきたソニーだけに、他の格安スマホよりも頭1つ抜けた存在となることを期待できそうです。

ソニー、格安スマホに参入検討 イオンで割安のエクスペリア旧モデル販売 (1/3ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

・関連記事
【追記あり】まさかの「VAIOスマホ」まもなく発売へ、ソニーのXperiaと衝突 | BUZZAP!(バザップ!)

冬の2大スマホ対決、Xperia Z3とiPhone 6のカメラで夜景スポットを撮り比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

【カメラ画質比較】Xperia ZL2・Galaxy S5・AQUOS SERIE・isai FL・URBANO・iPhone 5sで夜景スポットを撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

Xperia Z1・AQUOS PHONE・isai・ARROWS・iPhone 5sカメラ画質比較、大阪の夜景を撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  2. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. 1万円台の格安スマホ「UMIDIGI A7 Pro」が大きく値下げ、4眼カメラに大容量バッテリー搭載

モバイルに関連した楽天商品ランキング