ソフトバンクがプリペイドでも4G(LTEやAXGP)利用可能に、専用スマホ「BLADE Q+」開発

このエントリーをはてなブックマークに追加



かねてからプリペイド向けにスマホを提供していたものの、LTEやAXGPといった4Gサービスを利用できないようにしていたソフトバンクがついにプリペイドで4Gを利用できるようにします。詳細は以下から。

基本使用料無料の「シンプルスタイル」専用スマートフォン「BLADE Q+」開発 | ソフトバンクモバイル株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンク

ソフトバンクモバイルのプレスリリースによると、同社は2015年4月以降に「シンプルスタイル」専用スマホ「BLADE Q+(ブレードキュープラス、ZTE製)」を発売するそうです。

「シンプルスタイル」は基本使用料無料で、2日プラン(900円)、7日プラン(2700円)、30日プラン(4980円)から自分の使い方に合ったデータプランを選び、使いたい時にチャージして使用するプリペイドプラン。

ワイモバイルやディズニーモバイル・オン・ソフトバンク以外からMNPした場合、「MNP割」によって30日プランが12回目まで3980円になるほか、30日プランを12回購入すると13回目以降の料金が3980円となる「長期割」も提供されています。

今回「シンプルスタイル」専用機種として発売される「BLADE Q+」。「SoftBank 4G」「SoftBank 4G LTE」に対応する初の「シンプルスタイル」対象機種で、約4.5インチFWVGA(854×480)液晶やSnapdragon 410(1.2GHzクアッドコア)、1GB RAM、8GB ROM、200万画素前面カメラを搭載。


背面カメラは500万画素で、バッテリー容量は2000mAh。W-CDMA(900MHz/2.1GHz)、FDD-LTE(900MHz/1.7GHz/2.1GHz)、AXGP(2.5GHz)と、ソフトバンクの主要な周波数帯すべてをカバーしますが、テザリングには対応しません。


なお、2日プラン(200MB)、7日プラン(700MB)、30日プラン(3GB)と、プランごとに設定されている通信量を超えた場合、プラン終了日まで通信速度を制限する場合があるとしています。

・関連記事
【要注意】ドコモやソフトバンク、いまだにパケ死を招く「スピードモード」「快適モード」加入を割引の条件に | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「3日間で1GB」制限を一部撤廃、旧プランやモバイルルーターは対象外 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「機種変更先取りプログラム」提供へ、auのアップグレードプログラムを微妙にコピー | BUZZAP!(バザップ!)

「つながりやすさNo.1」「通信速度1位」にクギ、総務省が基準策定へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加