iPS細胞や外科手術ロボなど、最先端の医療技術を体験できる「未来医XPO’15」まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加



理化学研究所や医療・製薬メーカー、大学などが拠点を構える「医療特区」として知られる神戸市・ポートアイランドで、最新医療技術を分かりやすく体験できる展覧会「未来医XPO'15」が3月28日(土)から4月5日(日)まで開催されているので、さっそく行ってきました。

話題のiPS細胞や遠隔で外科手術を行えるロボット、健康を測定してくれるコックピットなど、普段なかなかお目にかかることができないものがめじろ押しとなっています。詳細は以下から。

三宮からポートライナーで10分、市民広場(コンベンションセンター)駅にある「神戸国際展示場」が「未来医XPO'15」の会場です。



会場は「スマートアイランド」「ヘルスケアアイランド」「メディカルアイランド」「サイエンスアイランド」の4つから構築され、市民広場ではさまざまなデモンストレーションも実施。さらに連携イベントとして神戸グルメエキスポ(入場無料)も開催されています。


取材記事は以下。順次追加していきます。

再生医療や新薬開発への期待が高まる「iPS細胞」の実物を見てきました


座るだけで心身をチェックできる「健康コックピット」も、ITを連動させた健康サポート器具いろいろ


あの「hitoe」が密かに進化中、高齢者見守りの究極形態に


飲むだけで済む「カプセル内視鏡」も、胃カメラの生みの親・オリンパスの技術はここまで進んだ


身体への負担を極限まで減少、未来感あふれる手術ロボット「ダヴィンチ」


なお、同イベントは4年に一度、全国の医師が集う日本医学会総会が「第29回 日本医学会総会 2015 関西」として開催されることを受け、一般公開展示として実施されているもの。最新医療に触れてもらうべく、子ども向けの医療手術体験なども行われています。

未来医XPO’15 | 第29回 日本医学会総会 2015 関西 一般公開展示

・関連記事
コカイン、ヘロイン、覚醒剤がかつて合法だった時代の広告 | BUZZAP!(バザップ!)

花粉症持ちの救世主、寄付に応じて民有林のスギ、ヒノキを伐採する「花粉症撲滅センター」が完全に本気 | BUZZAP!(バザップ!)

3Dプリントされた超精密な頭蓋骨を移植する手術が難病の女性を救う | BUZZAP!(バザップ!)

寝ている間に視力を改善、裸眼で生活できるようになるコンタクトレンズ「ブレスオーコレクト」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加