身体への負担を極限まで軽減、未来感あふれる手術ロボット「ダヴィンチ」

このエントリーをはてなブックマークに追加



人の手より1本多い、3本のアームを用いることで微細な操作を実現し、小さい傷口・少ない出血・早い回復・少ない痛みなど、患者への負担を最小限に抑えることができる手術支援ロボット「ダヴィンチ」。

歴史の偉人、レオナルド・ダ・ヴィンチの名を冠する同ロボットは先進医療現場に投入され、着実にその成果を伸ばしていますが、はたしてどのようなものなのでしょうか。実際に動く様を見てきました。詳細は以下から。

これが手術支援ロボット「ダヴィンチ」。医師が座って操作するサージョンコンソール(左)、画像処理装置・ビジョンカート(中央)、そして実際に執刀を行うペイシェントカート(右)で構成されています。


サージョンコンソール本体。3D立体視できるステレオビューワにより、患部を立体的に捉えることができ、マスターコントローラーによって鉗子を操作できます。



ペイシェントカート。太さ8mmのアーム3本が手首や指先のように器用に動き、把持・剥離・切断といった動作を実現。高い精度で適切に処置できるだけでなく、アームがどのように動いても開口部に余計な力がかからず、傷口が広がらないなど、患者への負担をとにかく最低限に抑えている点がポイントです。



実際に操作しているところはこんな感じ。すでに年間数十万例の臨床実績を誇り、国内の病院でも数十台が導入されている「ダヴィンチ」ですが、前立腺がんの全摘出手術が健康保険の適用となるなど、普及が進みつつあります。

・関連記事
iPS細胞や外科手術ロボなど、最先端の医療技術を体験できる「未来医XPO’15」まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

しっかり睡眠をとると脳内に蓄積された有害物質が排出されることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

寝る前のスマホで起きる睡眠障害、意外な方法で改善することが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

つらい記憶を癒すには、眠って夢を見るといい | BUZZAP!(バザップ!)

寝ている間に視力を改善、裸眼で生活できるようになるコンタクトレンズ「ブレスオーコレクト」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加