ついにiPhone 6がVoLTE対応に、au版はLTEのみで通信&通話中データ通信解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加



ついにiPhone 6で高音質な音声通話サービス「VoLTE」が利用できるようになりました。詳細は以下から。

au版iPhone 6、VoLTEオンで通信はLTEのみに - ケータイ Watch

インプレスの報道によると、先ほど提供開始された「iOS 8.3」において、日本の通信キャリアでiPhone 6のVoLTE通話が可能になったそうです。

VoLTE機能はオン/オフの切り替えが可能で、au版iPhone 6/6 Plusについては、すでに発売されているau VoLTE対応機種同様、3Gネットワークへ接続せず、LTEのみで通信することになるとのこと。

なお、3Gを利用できなくなることに不安を覚えるユーザーもいるかもしれませんが、auはすでにCDMA2000 1xと同等にまでLTEエリアを拡大済み。


さらにiPhone 6から対応した「キャリアアグリゲーション」によって、どちらかの電波が弱くなっても、もう一つの電波で補完できるため、VoLTE対応で途切れない高音質な通話を楽しめるようになるほか、音声通話もデータ通信もLTEネットワーク上で完結するため、au版iPhoneでの悲願だった「通話中データ通信」も解禁されることになります。


ちなみにキャリアアグリゲーションは携帯3社が展開していますが、iPhone 6が対応しているのはauおよびソフトバンクのネットワークのみ。

そしてつながりやすさに大きく影響するプラチナバンドLTEのカバーエリアは、いち早く実人口カバー率99%を達成したauがダントツであるため、VoLTEはau版iPhone 6が最も快適に利用できることになります。

・3:00追記
KDDIが公式ページを更新し、自社版iPhoneでau VoLTEが使えるメリットを解説しています。

iPhone | au VoLTE(ボルテ) | au


新たに公開されたVoLTEの音質比較。今まで「auは音声通話の音質が……」と考えていた人も納得できる高音質っぷりです。

・関連記事
auが「VoLTEガラケー」開発へ、3G全廃は2020年ごろに | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6でソフトバンクの一人負け加速、auは悲願の通話中データ通信解禁へ | BUZZAP!(バザップ!)

人間の可聴域を完全カバー、超高音質通話を実現するVoLTEの新技術「EVS」とは? | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6徹底解説、大画面化やキャリアアグリゲーション、VoLTE、AXGP・WiMAX 2+対応で何が変わるのか | BUZZAP!(バザップ!)

ついに通話中データ通信可能な「au VoLTE」スタートへ、対象機種やサービス内容などをまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加