発売されたばかりの「Apple Watch」、さっそく分解される

このエントリーをはてなブックマークに追加



日本時間4月24日に発売されたApple Watchですが、何でも分解してしまう「iFixit」で、すでに分解されたレポートが公開されています。

iFixitは発売されたデバイスを分解してレポートすることで、有名な海外のサイト。今までに歴代のiPhone、iPadなどはもちろん、さまざまな有名製品が分解され、一体中がどうなっているのかを知ることができます。そして今回は、先日日本国内でも発売されたばかりのApple Watch(38mmモデル)が、分解のターゲットに。

まずは、液晶ディスプレイ部分から専用の工具を使って取り外しています。


搭載されているバッテリーの容量は3.8V、205mAhと判明。iPhone 6(1810mAh)の約9分の1、Xperia Z4やGalaxy S6といった大容量スマホの15分の1程度ですが、18時間しか駆動しないことを考えると、もう少し容量が欲しかったところです。


「S1」をはじめとするApple Watchの重要なチップセットたち。一番下には腕につけた時の、脈を読み取るセンサーが見えています。


ひと通り分解終了。iFixitの手にかかれば話題の最新デバイスもこの通り。


なお、iFixitによるとApple Watchの分解は難易度10段階中5。普通の難易度ということですが、チップセット部分などは分解できるようになっていないことや、非常に小さいネジが利用されていたりするため、素人が挑戦しても上手くいくとは限らないようです。

Apple Watch Teardown|iFixit

・関連記事
Apple Watch最大の弱点を克服できるバッテリー内蔵リストバンド「WiPowerBand」 | BUZZAP!(バザップ!)

いやむしろこれ欲しいだろ…とある腕時計のパロディ作品「Apple 2 Watch」にシビれる | BUZZAP!(バザップ!)

iOS 9発表も、Appleが「WWDC15」の開催日を6月8日~12日に決定 | BUZZAP!(バザップ!)

Apple Watchを米大手紙などが「期待外れ」と酷評、実機レビューが荒れる事態に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加