買うなら今月中、auもiPhone 6/6 Plusを1~2万円近く値上げへ

このエントリーをはてなブックマークに追加



円安を受けて4月からドコモとソフトバンクがiPhoneを値上げしましたが、auも追従することが明らかになりました。ただしまだ猶予があるため、購入を検討しているのであれば早めの方が良さそうです。詳細は以下から。

神奈川県川崎市の携帯電話ショップ「モバイルプラザテルミー」公式ページによると、au版iPhone 6/6 Plusが当初の予定より1週間延期された5月1日(金)から値上げされるそうです。

au iPhone6/6plusページ


具体的な値上がり幅は以下の通り。おおよそ1~2万円近く価格が上乗せされることになります。

16GBモデル:新規・MNP+1万4760円、機種変更+9960円
64GBモデル:新規・MNP+1万6920円、機種変更+1万2120円
128GBモデル:新規・MNP+1万8960円、機種変更+1万4160円

iPhone 6/6 Plusの新価格はこんな感じ。最も高価な128GBモデルのiPhone 6 Plusの場合、今回の値上げにより機種変更時の実質負担金が実に6万3240円にもなります。



なお、ドコモやソフトバンクは短期解約阻止を目的として、本体代金を割り引く代わりに、契約から12ヶ月以内にパケット定額などを解約・対象外のプランに変更すると数万円を「返還」する必要がある縛りを新たに導入。

しかしauはいまだに追従していない上、通話定額プランに一本化し、毎月の最低支払額が引き上げられたNTTドコモと異なり、旧プランを存続させているため、これを機に乗り換えてみるのもいいかもしれません。

・関連記事
【悲報】ドコモが解約金大幅増の「端末購入サポート」対象期間を12ヶ月に延長、実質14ヶ月縛りに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが解約金を5~6万円台に大幅引き上げ、縛り期間も延長 | BUZZAP!(バザップ!)

【要注意】ドコモやソフトバンク、いまだにパケ死を招く「スピードモード」「快適モード」加入を割引の条件に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加