Apple Watchの耐水性能は十分使えるレベルだと判明、身体を張った調査も

このエントリーをはてなブックマークに追加



オーストラリアのメディアがApple Watchの耐水性能をテストするために、身体を張りまくっていることが明らかになりました。詳細は以下から。

これが今回Apple Watchに対して行われたテスト。まずは腕に着けたままシャワーを浴びて頭を洗っていますが、お世辞にも見て楽しいシャワーシーンではありません……




バケツにはった水の中にも浸けています。


挙げ句の果てにはプールで泳いでいます。まるでガチャピンのような体当たりっぷりですが、バケツの中で約5分、プールに至っては15分もの間、水に浸けたものの一切ダメージはなく、問題なく使用できたとのことです。



ちなみに防水スマホなどと同じように、プールの中でタッチパネルを使った画面操作はできなかったものの、デジタルクラウンを使ったズームイン、ズームアウトは可能です。

テストの様子はこちらで見ることができます。


なお、Appleは公式ページでApple Watchの耐水性能について「IEC規格60529にもとづくIPX7等級の耐水性能があります」と記述しています。


ここの最も重要な部分は「IPX7等級」ですが、これは「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」という条件を満たす性能という意味。

しかしこれは不純物が多く混じった海水などではなく、真水であることなどが条件であるため、あくまで過信しすぎず、普通の生活防水レベルと考えて使うといいのかもしれません。

・関連記事
発売されたばかりの「Apple Watch」、さっそく分解される | BUZZAP!(バザップ!)

Apple Watch最大の弱点を克服できるバッテリー内蔵リストバンド「WiPowerBand」 | BUZZAP!(バザップ!)

いやむしろこれ欲しいだろ…とある腕時計のパロディ作品「Apple 2 Watch」にシビれる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加