「AQUOS K SHF32」速攻レビュー、3Gを捨ててVoLTE・通話中データ通信対応の「真のガラホ」に

このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年春モデルとして発売された「ガラホ」こと「AQUOS K SHF31」の後継機が、わずか数ヶ月で登場することになりました。

基本的な仕様はほとんど変わらないにもかかわらず、使い勝手が飛躍的に向上しています。詳細は以下から。

これが新たに発売される「AQUOS K SHF32」本体。3.4インチqHD(960×540)液晶、Snapdragon 400(1.2GHz、クアッドコア)、1GB RAM、8GB ROM、1310万画素カメラ、1410mAhバッテリー、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線など、基本的にAQUOS K SHF31と同じ仕様です。







しかしAQUOS K SHF32最大の特徴は「3Gを捨て、完全にLTEのみの対応になった」という点。これにより「au VoLTE」で高音質な通話が利用できるようになっただけでなく、通話中データ通信に対応。「通話するとテザリングが切れる」といったことも無いというのは、なかなか大きなメリットではないでしょうか。

なお、先日NTTドコモも2015年夏モデルとして「AQUOS K」と同様のコンセプトを採用した「AQUOSケータイ SH-06G」「ARROWSケータイ F-05G」の2機種を発表。

しかしAndroid採用でリッチコンテンツを利用できるようになった一方、対応する通信回線は3Gのみで、Wi-Fiも搭載されていないほか、テザリングやおサイフケータイも利用できないなど、機能がかなり限られたものとなっています。

・関連記事
KDDIの2015年au夏モデルまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

いよいよ始まったauの機種変更優遇プラン「アップグレードプログラム」はお得なのか? | BUZZAP!(バザップ!)

「WiMAX 2+」の3日間で3GB制限を体験、実際の通信速度を測定してみた | BUZZAP!(バザップ!)

日本版Zenfone 2はauのプラチナバンドLTE対応、mineo・UQ mobile利用者歓喜の展開に | BUZZAP!(バザップ!)

「NTTの光回線とau携帯電話のセット割引」ひそかに拡大中、スマートバリュー以外の選択肢に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加