NOKIAがスマホ事業再参入へ、2016年にも新機種発売



マイクロソフトに携帯電話事業を売却したNOKIAが、再び参入する意向であることが明らかになりました。詳細は以下から。

ドイツメディアが報じたところによると、NOKIAのCEO、Rajeev Suri氏が今までのスタンスを覆し、2016年にもスマートフォン事業に再参入する方針であることを明かしたそうです。

NOKIAは2014年にAndroidタブレット「Nokia N1」をリリースするなど、自社で再び端末に取り組む動きを見せていましたが、Suri氏によると、新たに提供されるスマートフォンは自社生産ではないとのこと。

具体的にはパートナー企業と手を結んで生産にこぎ着ける予定とのことで、NOKIA N1を製造したFoxconnと提携するのではないかとみられています。

なお、マイクロソフトとの契約の関係上、NOKIAがスマートフォンを発売できるようになるのは2016年後半の見通し。

マイクロソフトがNOKIAの携帯電話事業を上手く生かせず、シェア獲得に苦戦する中、NOKIAが再び自社ブランドを引っさげてスマホ市場に参入することになりそうです。

Nokia-Chef Suri kundigt Ruckkehr ins Handygeschaft an - manager magazin

・関連記事
もはやNOKIAもLumiaも不要、マイクロソフトがモバイル事業で大きく方向転換 | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーへの皮肉?NOKIA公式Twitterが意味深な写真をアップ | BUZZAP!(バザップ!)

鍵やサイフなどを無くさずに済む、便利すぎるスマホ向けアクセサリー「Nokia Treasure Tag」 | BUZZAP!(バザップ!)

NOKIAが携帯電話事業に再参入か | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】Xiaomi「POCO F3」神値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング