わずか1万円の超低価格Windowsタブレット「WinTab 7」発売へ、日本語マニュアルや国内サポートも

このエントリーをはてなブックマークに追加



ライセンス料不要のOS「Windows 8.1 with Bing」が登場して以来、安価なWindowsタブレットが市場に出回るようになった昨今ですが、ついに本体価格1万円の超低価格タブレットが発売されます。詳細は以下から。

WinTab 7 WinTab 7 7インチWindowsタブレット Win8.1搭載 メモリ1GB ストレージ16GB Bluetooth搭載 WIN-70B | インターネット・あきばお~

これが秋葉原にあるパソコンパーツショップ「あきばお~」がオリジナルモデルとして発売する予定の7インチWindowsタブレット「WinTab 7」。本体価格1万円で6月下旬発売予定。国内サポートや日本語マニュアル同梱、1年間のメーカー保証が付いてきます。


気になるスペックは以下の通り。

ディスプレイ:7インチWSVGA(1024×600)IPS液晶、5点マルチタッチ対応
CPU:Intel Bay Trail Z3735G 1.33GHz(クアッドコア/4スレッド)
GPU:Intel HD Graphic(第7世代)
RAM/ROM:DDR3-LDRAM 1GB、16GB
バッテリー:2600mAhリチウムポリマー電池
インターフェース:Mini HDMI、microUSB、microSD(最大32GB)スロット、3.5mmイヤホン端子
通信:IEEE Wi-Fi 802.11 b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0
その他:30万画素前面カメラ
本体サイズ:188.5×108.5×8.5mm、約271グラム

お世辞にも高性能とはいえないものの、1万円という圧倒的な低価格が魅力の「WinTab 7」。今まで格安Windowsタブレットといえば、中国語版Windowsが入っているモデルを自己責任で利用する場合も多かったと思われますが、日本語でのサポートが受けられる点も良いのではないでしょうか。

なお、同じプロセッサを備えたタブレットでは、話題のゲーム「艦隊これくしょん(艦これ)」をプレイできています。

・関連記事
ASUSが格安スマホ「Zenfone 2」の128GBモデル発表、本国ではわずか4万円台に | BUZZAP!(バザップ!)

格安SIMが最大5枚無料、mineo1周年キャンペーンのお得な使い方を考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

2万円台のハイエンドWindows 10パソコン発売へ、ライセンス無料の「with Bing」採用か | BUZZAP!(バザップ!)

【カメラ比較】格安スマホ「Zenfone 2」は夜景撮影にどれだけ強いのか、Xperia Z4やisai vividなどと比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加