KDDI(au)が紙の請求書やコンビニ・窓口支払手数料などを大幅値上げ

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIが手数料の値上げに踏み切ることになりました。詳細は以下から。

各種事務手数料の改定等について | 2015年 | KDDI株式会社

KDDIのプレスリリースによると、同社は2015年10月請求分(2015年9月利用分)から、「紙請求書」の発行を希望するユーザーが負担している「紙請求書発行手数料」を50円から200円に改定するそうです。

「紙請求書発行手数料」を無料で提供してきた紙の通話明細を利用しているユーザーについても、2015年10月請求分から上記料金を請求するとのこと。

ただしau携帯電話でEZ WIN/IS NET/LTE NETなどのインターネット接続サービスに加入していない、スマイルハート割引が適用されているユーザー、固定通信サービスではネットサービス(auひかり/au one net/ADSL oneなど)に契約していないユーザーについては、料金改定後も引き続き無料で「紙請求書」を発行するとしています。

また、2015年12月請求分(2015年11月利用分)から、auショップ・コンビニエンスストア・各種金融機関等の窓口で支払っているユーザーに対しては、「窓口支払手数料」「紙請求書発行手数料」を統合。「窓口取扱手数料」に改称した上で、一律300円が手数料として請求されるとのことです。

・関連記事
au系格安SIM「mineo」「UQ mobile」がSIMフリースマホで苦戦、使えるはずのZenfone 2も利用不可に | BUZZAP!(バザップ!)

auがAndroid 5.0アップデート機種発表、発売半年未満の「AQUOS SERIE mini SHV31」がまさかの対象外 | BUZZAP!(バザップ!)

実測2.5Gbps以上、LTEの通信量を10分の1に削減できる「ミリ波」をKDDIが実演デモ | BUZZAP!(バザップ!)

GPSが使えない地下街でも迷子にならない「屋内測位エンジン」がほぼ実用段階に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加