君は失われたドコモのゆるキャラ「ドコちゃんモコちゃん」を知っているか



「ドコモのゆるキャラ」と聞いて、多くの人が思い出すのが「ドコモダケ」ですが、実はもっと歴史の古いキャラクターがいます。詳細は以下から。

これが大阪市内のドコモ関西支社に飾られていた、ドコモのマスコットキャラクター「DoCoちゃん」「MoCoちゃん」です。


ラグビーの格好をしたドコちゃん。ボールには2012年に停波した「mova」のロゴがあります。


足元にはNTTドコモ関西(2008年に解散し、NTTドコモ関西支社に移行)のロゴ。かつて本体とは別にCMタレントを起用し、限定カラーの携帯電話を発売するなど、独自色豊かだったドコモ関西時代に作られたものだと思われます。ちなみにラグビーの格好をしているのはドコモ関西がラグビー部を持っていた(現NTTドコモレッドハリケーンズ)ため。


そしてサッカーの格好をしたモコちゃん。やはりウェアにはmovaのロゴがありますが、もしかするとこのキャラクターが作られたのはFOMA(2001年正式サービス開始)以前なのでしょうか。



もしかすると関西在住のドコモユーザーであれば、見たことがあるかもしれないドコちゃんモコちゃん。世が世ならドコモダケ的ポジションで全国デビューを果たせていたかもしれません……

・関連記事
iモードやmova、FOMAからXiまで、NTTドコモの歴史を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6s購入当日にSIMロック解除可能、ドコモが提供条件を一部変更 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが「月々サポート」さらに改悪、短期での機種変更は割引がゼロに | BUZZAP!(バザップ!)

VoLTEがさらに高音質になる「EVSコーデック」デモムービー、人間の可聴域を完全カバーも | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  4. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング