ソフトバンクが「通信の最適化」を一時中止?→設備のメンテナンス中でした



昨年6月にBuzzap!で検証したところ、とんでもない反響があったソフトバンクによる通信の最適化

画像が強制的に圧縮されるようになった結果、ソフトバンクユーザーだけスマホゲームが起動できないという事態が発生したことを受け、今年6月ごろからさまざまなニュースサイトなどが取り上げるようになった中、気になる情報があったので確認してみました。詳細は以下から。

発端となったのはこのツイート。7月7日から画像の圧縮が行われていないそうです。


そこでBuzzap!編集部でソフトバンク広報室に問い合わせてみた内容と回答は以下。

Buzzap!:
現在御社は通信の最適化を実施していますか?

ソフトバンク広報室:
行っております。

Buzzap!:
通信の最適化は任意に設定、解除可能ですか?

ソフトバンク広報室:
当社は任意にオンオフを選べません。

Buzzap!:
一部で「画像の圧縮が行われなくなった」という声が上がっていますが、適用方針を変更したのでしょうか。

ソフトバンク広報室:
特にそういったお話は聞いておりません。再度確認次第、連絡させていただきます。

・2015年7月15日16:21追記
ソフトバンク広報室によると「基本的には最適化されていますが、設備のメンテナンスやバージョンアップなどのタイミングで、最適化が中断される場合がある」とのこと。つまり今回の画像圧縮中断は、設備のメンテナンスによるものだったようです……。

・関連記事
ソフトバンクの「通信速度1位」のカラクリが明らかに、ヒントは「通信の最適化」 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクのスマホだけゲーム起動不能、データを強制圧縮(劣化)させる「通信の最適化」が原因 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモも画像・動画を圧縮する「通信の最適化」導入へ、ただし強制適用はソフトバンクのみ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング